出資を受ける条件、ハードル



ここからは、具体的に投資家(主にベンチャーキャピタルを想定)から出資が得られるための条件等について考察していきます。

国内に約420万社の企業があるといわれています。一方で日本の証券取引所に上場する会社数は約3,600社です。率にして0.09%、ざっくりみても1,000社のうち1社上場しているかどうかといった割合で、まさに「千三つ」未満の世界です。

そのなかでベンチャーキャピタルとしては、投資を行い、収益をあげ、ファンドへの出資者に還元していかなければなりませんので、自ずとベンチャー企業に対する選別は厳しくなります。

一般的にベンチャーキャピタルと接触をもった企業のうち、約3%の企業が投資対象として審査にかけられ、実際に投資が受けられるのは1%未満ということが言われています。それでも上場までたどりつけるのは、投資を受けた企業の半数以下とのことです。

このようにみてくると非常にハードルが高い世界なのですが、IPOへの意欲があり、事業への熱意と将来への自信があるのであれば、成功を予感させる事業計画書を作成し、投資家に対してアピールし、支持を得られるように、ぜひチャレンジしてみてください。

その他、この分野に強い専門家を見る

  1. 求められるのは理想的なケースと最悪ケース

     出資を受ける場合に相手に出す資料(事業計画書等も含む)は、全体の構成としては、以下のようなものが一般的です。

    ①会社概要
    ②外部環境(マーケ

  2. 出資期間

     次に期間について考えます。期間とは、投資実行からIPOするまでの期間を指します。

    ベンチャーキャピタルにとっては、この期間が短ければ短いほど、投資効率のよい案

  3. 出資規模

     次に求められる規模について考えてみます。その参考になるのが、まずは証券市場における上場基準(形式基準)になりますので、ベンチャー企業を対象とする東証マザーズ市場と大証ジャスダック市場に

  4. 利益・リターン

     出資を受けるベンチャーの利益水準は、前述した規模とも大きく関係してきます。

    それは、時価総額が純利益の何倍であるかを示す指標に株価収益率(PER)というものが

  5. リスク

     「リスク」というと非常に抽象的で、何をどう捉えたらよいのか分かりにくいと思います。ここでは、2004年3月期の決算から上場企業等の有価証券報告書に記載が義務付けられた事業等のリスク情報

  6. 成長性

     次に最も重要なポイントである成長性について考えます。成長性は2つの観点があり、投資先企業自体の成長性とその企業が属する市場(業界)の成長性の2点です。市場でいえば、グローバルな観点は不

  7. 自己資金

     最後に出資を中心とした長期安定的な自己資金と、返済及び金利の支払いを伴う借入金との資金調達のバランスについて触れておきます。

    一見すると、長期安定的で返済





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



出資を受ける条件、ハードル」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

「付加サービス」のカギは「意外性」

あなたが始めようとしているビジネスにおいて、本サービスをしっかりさせるのは当然のことだ。また、値段や量で差別化を図ることも重要だ。しかし、それとあわせて「付加サービス」について検討する視点を忘れないでほしい。その「付加サービス」は、本サービスを助ける強力な手段となってくれるに違いない。

...続きを読む

中国市場は教育ビジネスでブレイクを狙え!

子供の教育関連ビジネス。日本でも高度経済成長期は、「教育ママ」とか「受験戦争」などという言葉が流行し、自分の子供を少しでも偏差値の高い学校に入れるために、親は惜しみなくカネと時間と労力をつぎ込みました。日本人が中国で教育関連ビジネスをするとしたら、学校で教えるような形ではなく、「知育玩具を売る」とか、「頭がよくなるゲームソフトを売る」なんていう方法の方がやりやすいかもしれません。

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ