~DREAM GATEのミッション~
「日本に起業文化を確立する」

ドリームゲートでは、日本経済を活性化させるため、世界に通じる起業家の輩出が必要だと考えています。しかし、起業して成功する人や、起業の指導者が少ない今の状態では、そのような起業家は生まれにくいと考えます。そこで、
● 起業家がさまざまな支援を受けやすくなる
● あらゆる場所に起業家精神をもった人材が存在する
このような、起業文化が根付いた社会づくりをし、一人ひとりが自信と誇りの持てる国づくりに貢献していくことを目指しています。

ユーザー別 DREAM GATE 活用法

起業をお考えの方

起業をお考えの方

無料相談サービス
専門家に起業について質問し、疑問解消
起業セミナー
起業について知る
マニュアル・事例
「スマビ総研」で様々なビジネスを知る
開業計画NAVI
開業リポートから業界の動向をチェック
起業準備中の方

起業準備中の方

無料相談サービス
専門家に質問して課題解消
融資の窓口
起業、創業時の融資相談の窓口
開業計画NAVI
事業計画書を作成し先輩経営者と比較
マニュアル・事例
マニュアル集で起業の知識を身につける
会社設立キット
マニュアル集で起業の知識を身につける
ソウギョウノート
創業予定日に合わせてダンドリチェックができるツール
経営者の方

経営者の方

無料相談サービス
専門家に経営について質問して課題解決
起業セミナー
経営のヒントを探る
法的書類生成ツール
会社経営に必要な各種法的書類を簡単に作成できるツール
契約書生成ツール
ビジネス上で必要な契約書が質問に答えるだけ自動作成してくれるツール
ILS(イノベーションリーダーズサミット)
大手企業と次世代を担う有望なベンチャーが一堂に会すイベント
会員登録はコチラ 会員特典

サービス一覧

★人気★ 自分に合った専門家を選び、起業・経営の相談ができる【無料相談サービス】

起業したい学生~ベテラン経営者まで、累計3万人以上が利用している人気サービス。
約500名のドリームゲート認定専門家の中から、自分に合った専門家を選び、無料でオンライン相談、面談相談ができます。オンライン相談は、24時間~48時間以内に回答が届きます。
※面談相談は場合により有料になるケースがございます。

起業・経営の課題解決【[無料相談】サービスの詳細

専門家からの回答が得られる【起業Q&A】

弁護士・会計士・税理士・コンサルタントなどの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービス。指名せずに投稿するので、複数の専門家から回答を得ることができます。

起業Q&Aページへ

起業ノウハウが分かる【マニュアル・事例】

事業計画の立て方、会社設立から資金調達まで、あらゆる起業ノウハウが集結。大物起業家インタビュー、課題解決等の事例集、ドリームゲート認定専門家が執筆したコラムなどから成功のヒントを学ぶことができます。

マニュアル・事例ページへ

専門家からノウハウを学べる【起業セミナー】

全国の主要都市で行われるドリームゲート主催セミナー、「ドリームゲートアドバイザー」によるセミナーを随時掲載。起業をお考えの方から経営者に向けたものまで、様々な段階のセミナー情報です。

起業セミナー一覧へ

融資について分かる【融資の窓口】

融資のことならこちら。全国の融資窓口や融資制度に関する情報、日本公庫の融資制度を利用して創業された方のインタビュー記事や日本公庫が開催するセミナー情報などが満載です。

融資の窓口ページへ

経営持続に役立つ【開業計画NAVI】

健全経営をしている先輩経営者とあなたの事業計画とを比較・判定できる「事業計画作成サポートツール」、成功した経営者に聞いた「先輩企業の事業計画集」、ドリームゲートが独自に行った調査をまとめた「開業リポート」などを提供しています。

開業計画NAVIへ

ソウギョウノート

飲食・小売・サービス業など店舗ビジネスを新たに始める方を対象にしたサービスです。創業予定日に合わせて必要な段取りを全てスマホで管理することができ、PCをご利用いただくと融資に必要な書類(事業計画書や融資申込書)をまとめて作ることもできます。

ソウギョウノートへ

会社設立キット

会社設立に必要な書類(定款、株式会社設立登記申請書、発起人の同意書、印鑑届書、株主名簿など13種類)が、専門知識不要でカンタン作成できます。書類作成は全て無料で電子定款申請も受付中。格安で会社設立したい方にお勧めです。

会社設立キットへ

法的書類生成ツール

定款作成から社員入社・退社など100以上のシーン毎に必要な法的届出書類を、専門知識不要で、簡単に&まとめて作成できます。

法的書類生成ツールへ

契約書生成ツール

業務提携、規約、知財など、33種類に対応。法律知識が無くても、案内に従って契約書を簡単に作成することができます。無料で使えます。

契約書生成ツールへ

ILS(イノベーションリーダーズサミット)

大手企業の事業開発責任者と主要ベンチャーキャピタリストが推薦する次世代ベンチャー企業が一堂に会し、業務提携、資本提携、M&Aなど革新的な新事業創出の機会をつくる、一大イベントです。

ILSイベントページへ

会員登録はコチラ

DREAM GATEプロジェクト沿革

2003年

4月 小泉内閣の「経済財政諮問会議」の場で、平沼経済産業大臣(当時)から本プロジェクトの概要を発表。4月21日、「DREAMGATE」サイトがオープンした。
2002年末、経済産業省からの公募を株式会社リクルートが受託。当時、リクルート社員だった松谷(現:ドリームゲート代表 / 株式会社プロジェクトニッポン 代表取締役)が担当者としてプロジェクトを立ち上げた。「日本に起業文化を確立する」というビジョンを掲げてスタート。
6月 メインキャラクター・格闘家ボブ・サップ氏が平沼前経産大臣を表敬訪問。主要なTV局すべてのニュース・ワイドショーで取り上げられた。また、新聞・雑誌などでも多数とりあげられ話題となった。
7月 「DREAM GATE」の専門家サービスを立ち上げ、本格的なサービス提供スタート(当時の専門家数は約130人)。日本経済新聞の全面広告になった。
「ニッポンの起業家図鑑~100人の勇気と独立への第一歩~」、出版、配本開始
9月 紀伊国屋、三省堂など大手24書店と連携し、起業家関連書籍フェアを首都圏から全国へ展開。
10月 始動から3か月で会員数10万人突破、専門家によるインターネット相談件数1,000件突破
「DREAM GATE起業家インターンシップ(起業家100人のかばん持ち)」スタート。インターンシップの模様がNHK「おはよう日本」、「ニュース10」、TBS「筑紫哲也 ニュース23」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などで放映され話題となった。
この規格の目的は、これから社会に出る大学生達に「起業家マインド」を醸成させること。ベンチャー起業家100名に、全国から選抜した100名の起業志向の学生が一人ずつ付き、かばん持ちをするプログラム。かばん持ちをする姿をテレビを通してお茶の間に届けることにより、他学生や学生の子を持つ親に対して起業という道もあることを広く周知させた。同時に、マスコミ志望生をジャーナリストコースとして募集し、かばん持ちをする学生の姿を取材してもらうことで、将来的に起業家マインドを持つ記者が増えることを狙った。当プログラム責任者は、当時ドリームゲートのスタッフだった出雲氏(株式会社ユーグレナの創業者)。

2004年

6月 第2回「DREAM GATE起業家インターンシップ(起業家100人のかばん持ち)」スタート。
10月 ドリームゲート会員数25万人突破を記念して『ニッポンの起業家図鑑2004』(約15万部)出版。
11月 「起業家100人の挑戦日記(ブログ)」をWeb上にて公開。

2005年

1月 ニッポンの起業家79人が集結。日本初史上最大級の起業応援イベント、『大挑戦者祭(だいちょうせんしゃさい)in東京』開催。中川経済産業大臣講演、マスコミ取材78人、全TV局、新聞・雑誌など54メディアで取り上げられる。
「感じる」「繋がる」「挑む」をテーマに開催。サプライズステージでは、当時IT業界の企業家で活躍していた堀江貴文氏とトップアスリートとの対談も。参加者数は3125名と大盛況だった。

『大挑戦者祭(だいちょうせんしゃさい)in東京』の詳細ページはこちら
7月 第3回「DREAMGATE起業家インターンシップ(起業家100人のかばん持ち)」開催。
9月 渋谷に実践型起業家育成スクール「DREAMGATEカレッジ」開校
それまでなかった、「起業」について学ぶ場を作るため開校。中でも「カフェ経営」「雑貨店経営」「ネットショップ経営」のコースが人気を集めた。このスクールからは、延べ約1000名もの起業家が巣立った。

2006年

2月 『第2回大挑戦者祭2006』を開催。日本代表99人の起業家と約4000人の起業志望者が集結した。
4月 その道のプロが集結。生きた情報が手に入るコラムサイト「DREAMGATEファーストナビ」がスタート。

2007年

3月 「DREAMGATE×早稲田大学プレミアムイベント2007」を開催。京セラ名誉会長稲盛和夫氏特別講演、著名起業家3名×早稲田大学ビジネススクール教授3名。
『TOKYO起業家サミット第3回大挑戦者祭2007』を開催。国内外77人の起業家が集結。2904人の来場者の熱気が国内外のメディアに取り上げられる。また当日、Webライブで1458名が視聴した。
4月 若手起業家表彰制度『DREAMGATE AWARD(ドリームゲート アワード)』を発足。ビジネスエンジェル、ベンチャーキャピタリスト、大学ベンチャー関係者など250名を一同に集め支援ネットワークを構築。
35歳以下で世界を目指す若手起業家を、エンジェルズ、ベンチャーキャピタリストなどが表彰する制度。日本では脚光を浴びにくい「起業家」という存在にスポットを当てることで、次につながる起業家のロールモデルとして、社会に向けて広くメッセージを発信していくことが目的。当時はザ・リッツ・カールトン東京のこけら落としイベントとして開催され、UBS証券などの大手企業の参加が目立った。

『DREAMGATE AWARD(ドリームゲート アワード)』の詳細はこちら
7月 「DREAMGATE」の広告枠を専門に販売する小会社として、「株式会社ネクスゲート」を株式会社ネクシィーズ(東証1部上場)と折半出資で設立。広告事業の営業をスタートした。

2008年

2月 横浜市より「横浜ビジネスグランプリ2008」受託運営。
3月 著名起業家によるプレミアムセミナー「100億の男達」スタート。全国から毎回100名近い経営者・起業家予備軍が参加した。
ドリームゲートアドバイザーによる起業支援セミナー&交流会組織「チャレンジゲート」スタート。大阪を皮切りに、東京・名古屋で随時スタート、毎回30名~50名の起業家予備軍が参加。
7月 ドリームゲートサイト内に『国民生活金融公庫ドリームゲートプラザ』開設。創業準備層向け融資拡大を連携して実施、月間180件を超える資料請求数となった。
GMO社と「インターネットグランプリ2008」を開催。100件を超えるビジネスプランの応募があった。
9月 米アメリカン・エキスプレス社との共催事業、『AMEX ACADEMY with DREAMGATE(アメックスアカデミー・ウィズ・ドリームゲート)』開催を発表。DREAMGATE AWARDノミネート者向けにグローバルリーダー育成プログラムを提供予定
アメックス財団が世界の若手リーダーを育成するプログラムとして、DREAMGATEのプログラムを採用。同年10月に行われた第2回「DREAMGATE AWARD(ドリームゲートアワード)」のノミネート者の中から選抜した。卒業生は約50名で、中には「株式会社エニグモ」「オイシックス株式会社」「株式会社アイスタイル」などの経営者がいる。講師には、茂木健一郎氏(脳科学者)も登場した。
10月 第2回「DREAMGATE AWARD(ドリームゲートアワード)」を実施、米HP社とHP研究所が「Hewlett-Packard賞」設置。東大総長小宮山氏、前ソニー会長出井氏、元NEC社長西垣氏、HIS会長澤田氏らを審査委員に迎え、300名を超えるビジネスエンジェル、ベンチャーキャピタリスト、大学ベンチャー関係者との支援ネットワークを実現。
12月 新規事業開発コンテスト、第4回『DREAMGATE GRANDPRIX(ドリームゲートグランプリ)』に東京電力、バンタン社、エムアウト社が参画。新規事業プランを受け付け開始。

2009年

1月 22社の新進気鋭ベンチャー企業が参画し、起業へのキャリアを支援する『CEOプログラム』スタート。〈※CEOプログラム=Challengethe Entrepreneurship Opportunity(造語)〉新進気鋭ベンチャー企業で、新規事業の立ち上げを行い起業へのスキル・経験を積む「社内起業家」募集。起業へのキャリアパスを提供するプログラムとして実施。
3月 関東ニュービジネス協議会(NBC)との共催で『第4回大挑戦者祭2009』開催。新進気鋭ベンチャー企業22社が、「社内起業家・経営幹部募集ブース」設置、1005名の来場者で賑わった。
5月 米アメリカン・エキスプレス社との共催事業、『AMEX ACADEMY with DREAMGATE(アメックスアカデミー・ウィズ・ドリームゲート)』開催(於:ホテルヴィラ フォンテーヌ汐留)。
若手ベンチャー起業家30名向けにグローバルリーダーシップ育成プログラムを実施。監修:東京大学 各務茂夫 教授。講師:茂木 健一郎氏(脳科学者)ほか。

2010年

3月 NBCとの共催で『第5回大挑戦者祭2010』開催。モバゲーのDeNA南場社長の基調講演やビジネスプランコンテスト「DREAM GATE グランプリ」最終審査会ではタリーズ松田氏、オプト鉢嶺氏など著名ベンチャー経営者7名が審査。1017人もの来場者で盛り上がった。
ベンチャーマインドが高くユニークなアイデアや独創的な技術を持つ個人と、社外リソースを活用し新規事業立ち上げを考える企業のマッチングサービス「DREAM GATEラボ」をスタート。※現在は休止中
9月 前日銀総裁福井氏が主催する経済団体SEOU会と共同で若手起業家発掘・育成支援組織「エンジェルズゲート」発足。住生活グループ藤森氏など大企業経営者28名がメンターとして、投資や経営指導を実施。
DREAMGATEが掲げる目標の一つ、「世界に通じる起業家作り」を目指して行われたエンジェルマッチングプログラム。

「エンジェルズゲート」の詳細はこちら
10月 公開型Q&Aサービス『起業Q&A 教えてアドバイザー!』(現在は『エキスパートQ&A』に名称を変更)を開始。

2011年

2月 第2回「エンジェルズゲート」開催
9月 第3回「エンジェルズゲート」開催
10月 小資本&独創的なアイデアで勝負する次世代型ベンチャーをインタビューし、解説するニュースサイト『スマビ総研』がオープン。
新会社法の施行により会社設立が容易になり、またクラウドサービスの普及によりITコストが劇的に低下。インキュベーション施設やレンタルオフィスなとせのインフラも充実し、起業に必要なコストが劇的に低下した結果、かつて考えられているより、ずっと簡単に起業することが可能となった。ユニークなアイデアさえあれば低資本でビジネスが立ち上げられ、成功するケースが次々と現れ、リーンスタートアップ・モデルという言葉が出来た。そうした起業の「パラダイムシフト」をとらえて、紹介していくことを目的としている。
日刊工業新聞とコンテンツ提携。日刊工業新聞のウェブサイトに公開型Q&Aサービス『エキスパートQ&A』を掲載。
11月 ユニークなビジネスアイデアを持つ起業準備者や初期起業層と、ビジネスのプロデュース力に長けている専門家がチームを組み、勝てるビジネスプランを開発するプログラム『DREAM GATE ファクトリー』がスタート。
12月 ソネットエンタテインメント株式会社とコンテンツ提携。ポータルサイト『Smart SoHo』に各種記事を提供。

2012年

4月 第4回「エンジェルズゲート」開催
5月 弥生株式会社と提携。事業の立ち上げをサポートする「開業計画NAVI」をオープン。
わずか3分で事業計画書ができ、それを健全経営をする先輩経営者と比較することができる「事業計画作成サポートツール」などを提供。弥生株式会社と共同で起業家への調査を行った結果、起業後の成功と失敗の境目は、わずか1か月分程度の運転資金の差にあることを突き止めて、「開業リポート」としてまとめた。起業後に失敗しないための資金調達の重要性や自計化の重要性を啓蒙するのが目的。

「事業計画作成サポートツール」はこちら
7月 第2回『DREAM GATE ファクトリー』スタート。
10月 リソースの乏しい起業時において、資金の投下をできるだけ最小限にし、第2第3のプランへの余力を残しながらも、ビジネスを素早く軌道に乗せていく手法を学ぶプログラム『スタートアップ起業塾』を立ち上げ。
第5回「エンジェルズゲート」開催。

2013年

2月 KDDI株式会社と共同で、起業・経営支援サービス「SmaBI」をオープン。
「スマートビジネスインキュベーション」を略して「スマビ」。スマートな経営を目指す経営者・個人事業主のためのサービスを、KDDI株式会社と共同でスタートさせた。これまでは「起業する」までに特化していたドリームゲートのサービスを、起業して経営者となった方々向けにも展開していくことを狙っている。
4月 イベント「起業体感フェスタ」を4月13日に開催。
「つくる!試す!チェックする!」をキーワードに、ドリームゲート初の体験型起業イベントとして開催。40人の“ドリームゲートアドバイザー”がブースを出展し、それぞれの専門分野をテーマとした1コマ15分ほどのライブ講義を繰り返し提供するという企画。基調講演とパネルディスカッションには、ドリームゲートを活用し、起業を成功へと導いた3名の起業家が登壇した。ブース総来場数は2164名と活況で終えた。

2014年

1月 大手企業とベンチャー企業をつなぐ、日本最大級のオープンイノベーション・プラットフォームとして、「TOKYO イノベーションリーダーズサミット」をスタートいたしました。
2014年1月29日 ベルサール新宿グランドにて第1回ILSを開催しました。
4月 契約書を無料&自動作成できるサービス「契約書生成ツール」をリリース。
ビジネスに必要な契約書が、質問に答えるだけで自動作成されるクラウド型契約書作成サービスを開始しました。
10月 第2回TOKYO イノベーションリーダーズサミットを開催。
2014年9月24日 虎ノ門ヒルズにて第2回ILSを開催しました。

プロジェクト概要

ドリームゲートは経済産業省の後援を受けて2003年4月に発足した日本最大級の起業支援プラットフォームです。「日本に起業文化を確立する」というミッションをかかげ、主にWebサービス(気軽に無料で使える便利なツールやコンテンツ提供)、教育(起業に必要な知識やスキルを学べる場の提供)、イベント(起業マインドの醸成、世の中への周知)の3つを軸に、様々な活動を行っています。

DREAM GATE認定アドバイザーとは

ドリームゲート・アドバイザーとは、ベンチャー・金融関係者、コンサルタント、中小企業診断士、弁護士、税理士など、起業家予備軍へ起業・経営・成長支援を行っていただく専門家です。 ドリームゲートプロジェクトのコアは、このアドバイザーの方々になります。
ドリームゲートの立ち上げにあたっては、Jリーグ構想に倣いました。良いプレイヤーがたくさん育つには、良いコーチもたくさん必要であり、つまり起業家をたくさん増やす、起業マインドを文化として日本に根付かせるためには、起業を指導・支援する専門家=ドリームゲートアドバイザーがたくさん必要と考えています。
ドリームゲート・アドバイザーは、そうしたプロジェクトの理念・趣旨にご賛同いただき、当プロジェクトに参画して頂いています。

アドバイザー幹事団

ドリームゲート・アドバイザーの中から、東京・大阪・名古屋圏でそれぞれ幹事役となる方を指名して、アドバイザーのコミュニティーを形成しています。セミナーの企画や運営を行っていただいたり、新しいサービスの立ち上げで中心的役割としてご協力を頂いております。たとえば、2013年4月に開催した「起業体感フェスタ」などは、企画から運営まで幹事団を中心にして行いました。


運営事務局 / 株式会社プロジェクトニッポン

ドリームゲートプロジェクトを運営する事務局として、2004年3月に設立されました。

会社概要はこちら

会員登録はコチラ