ベンチャーキャピタルとは

資金調達

執筆者: ドリームゲート事務局



ベンチャーキャピタルについて少し詳しく説明しよう。

まずベンチャーキャピタルの仕組みは、一般的には以下のようになっている。まずベンチャーキャピタルの仕組みですが、有限責任組合の場合を例にとると、一般的には以下のような構成になっている。

ベンチャーキャピタルの仕組み(有限責任組合の場合)

一般的にベンチャーキャピタル会社が1つ~複数のファンドを立ち上げて、その業務執行者(GP)となり、出資者(LP)から資金を集めてファンドの運用を行う。そしてファンドの資金をベンチャー企業に投資するという仕組み。日本の場合は、出資者の多くは金融機関や事業法人といった法人が中心となっている。

この仕組みを理解しておくと、ファンドの規模や目的、ベンチャーキャピタル会社や出資者の内容によって、どのような投資を行うのかが見えてくる。

仕組みの中で中心的な役割を担い、投資判断を行うのがベンチャーキャピタル会社(単にベンチャーキャピタルと言う。略してVC)だが、一口にVCといっても、いろいろな性格をもったVCがある。ここでは大まかでありますが、簡単にカテゴリー分けをして解説しよう。

【金融機関系VC】
銀行や証券会社の系列にあるベンチャーキャピタルです。上場している会社もあります。例えば、野村証券系のジャフコは日本の代表的なVCで1,500億円以上のファンドを運用しています。

親会社のサービスの一環として手がけている会社も多く、役職員も親会社からの出向者等で占めることが多かったりします。自らが進んで投資を行うというよりも、他のVCが投資をすることが確実となった場合に検討を行うといった比較的安定志向のVCです。そのため、投資後に経営コンサルティング的な動き(ハンズオンという。)をすることは少ないようです。

【事業会社系VC】
いわゆるCVC(Corporate Venture Capital)とよばれるもので、成功したベンチャー企業や一般事業会社の子会社としてのVCになります。親会社の特徴などで1社1社タイプが異なりますので、これといった共通の特色といったものはありません。親会社との事業シナジーを求めて投資するケースが多くみられます。

【独立型VC】
日本ではまだ数少ないものの、アメリカのシリコンバレーなどでよくみられるVCで、ファンドの運営責任者個人の嗜好や能力を前面に投資を行うVCになります。企業のステージが非常に早い段階から投資を行い、ハンズオンに熱心なVCが多いようです。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める