民間金融機関



ここからは、民間金融機関からの融資を得る方法について解説します。


都市銀行とは
都市銀行(略して都銀とも言う)は、大都市に本店を構え、全国展開している普通銀行。
特に、その中でも規模の大きい銀行をメガバンクといいます。
都市銀行は大企業、中小企業、個人などと幅広く取引をして、また大規模な投資、国際業務も行っています。

地方銀行とは
地方銀行(略して地銀とも言う)は、各都道府県に本店を構え、各地方を中心に営業を展開している普通銀行。
都市銀行のように大口取引は少なく小口取引が主体で、取引対象は地元の中小企業や個人がメイン。
中小企業に対し細やかに対応していることから、中小企業にとっては重要な資金調達先となっています。

信用金庫とは
信用金庫(略して信金とも言う)は、会員の出資による協同組織の地域金融機関。
営業地域は地元の一定の地域に限定されていて、その地域の中小企業や個人のための専門金融機関です。

信用組合とは
信用組合(略して信組とも言う)は、組合員の出資による協同組織の法人で、組合員の相互扶助を目的とする非営利の金融機関。
組合員が預金した資金を組合員が必要なときに利用するシステムで、預金の受入れと貸付けが組合員に限られているところに特徴があります
組合員になれるのは、信用組合の営業地域の在住者、在勤者、事業所所有者です。

それぞれの特徴
資金調達という視点でそれぞれを比較すると以下のような特徴があります。

まず、都市銀行・地方銀行は株式会社であり、株主利益が優先され、利益を最大限に追求する経営形態となっています。 これに対して、信用金庫・信用組合は地域の住民や中小企業が利用者や会員・組合員となって互いに地位の繁栄を図る相互扶助を目的とした共同組織の金融機関です。
そのような性質から、信用金庫は、利益第一主義ではなく、会員・組合員である地域社会の利益が優先されます。

そのようなことから、信用金庫・信用組合は、地域社会の中小企業や個人などに広く融資し、地域社会の発展に尽力する組織であり、一般的には都市銀行・地方銀行よりも融通の利いた融資をしてくれる可能性が高く、また貸し渋りが少ない、返済も都市銀行・地方銀行よりも猶予をくれたり、企業の資金余力だけでなく、将来性や社長の人柄や企業の伸びしろを見てくれるというような特徴があると言えそうです。

また、小口顧客を対象としているため、営業担当者がこまめに訪問してくれるなど小回りの効いた動きを期待でき、顧客企業が危険なときに力になり、温かく見守ってくれるというような特徴があります。

逆に、信用金庫・信用組合は、都市銀行・地方銀行ほどの資金量がありませんので、大規模な融資や国際展開には対応できないこともありますし、資金量の違いから調達コストが大きいことも影響して金利も都市銀行・地方銀行より高いのが一般的です。

小口の融資をしてくれやすいという面では、一般的には以下のような順序になります。

信用金庫・信用組合 > 地方銀行 > 都市銀行

融資の金利が有利(低い)という面では、一般的には以下のような順序になります。

都市銀行 > 地方銀行 > 信用金庫・信用組合

もちろん、個別の金融機関の個性や個々の案件、会社の信用等の個別の事情により違ってきますので、上記はあくまで一般論として捉えていただければと思います。

その他、この分野に強い専門家を見る

  1. 都市銀行・地方銀行から融資を受けるには

     ●都市銀行とは
    都市銀行とは大きな都市に本店があり、全国展開している金融機関です。中小企業、個人などと幅広く取引を行っています。
    ●地方銀行とは

  2. 信用金庫・信用組合から融資を受けるには

     ●信用金庫とは
    信用金庫とは、会員の出資による協同組織の地域金融機関です。営業地域は一定の地域に限定され、その地域の中小企業や個人のための金融機関といえます。





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



民間金融機関」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

世界で売れる“新・日本文化”を探せ!

今、日本の制服が世界から「カワイイ」と注目されているようです。原宿の竹下通りにある制服アイテム専門店「CONOMi(コノミ)」を目指して来日する海外の女の子も増加しています。今後、少子高齢化が進む日本において、来日外国人マーケットを視野に入れた戦略は欠かせないものです。海外には、日本のアニメやカワイイファッションに憧れて、日本を訪れたいと思っている若者がたくさんいるはずなんです。

...続きを読む

エクセルでできる!!ビジネスアイデアを見つけるための『自己棚卸し法』

ビジネスプランの基本は「何をするか?」。最初からしたいことが明確な人はいいですが、なかなかビジネスアイデアが浮かばないという方には、「自己の棚卸し法」を試してみるのがおすすめ。まずは自分を知ってみましょう。  ビジネスアイデアが思い浮かばないとか、今のビジネスプランがいまひとつパッとしないという時には、「好きなこと」を追求してみましょう。「好きなことを追求する方法」、それが「自己の棚卸し法」です。

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ