1. 飲食店を開業するために必要な許可

     ■根拠法令・概要 飲食店を開業するには、食品衛生法に基づいて都道府県知事の許可を受けなければなりません。 ■許可要件 ・食品衛生責

  2. 介護・福祉関連で開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 許可が必要な介護・福祉関連事業の種類は、以下があげられます。 ■許可が必要な介護事業の種類 訪問型介護

  3. バーを開業するために必要な許可

     バーを営業するために必要な許可は「風営法第2条第5号営業」に基づく。 ■根拠法令・概要 バーを開業するには、風営法に基づいて都道府県公安委員会の許可を受けな

  4. ホテルを開業するために必要な許可

     ■根拠法令・概要 ホテルを開業するには、旅行業法に基づいて都道府県知事等の許可が必要となる。尚、ホテル(=洋式)の構造および設備を主とする施設(観光ホテル、ビジネスホテ

  5. 旅館・民宿を開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 旅館・民宿を開業するためには、旅行業法に基づいて都道府県知事等の許可が必要となる。 尚、温泉旅館や観光旅館など旅館(=和式)の構造及び設備

  6. 旅行代理店を開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 旅行代理店を開業するためには、旅行業法に基づいて都道府県知事の登録を受けなければならない。 旅行代理業とは、報酬を得て旅行業を営む者のため

  7. 医薬品・化粧品を販売するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 医薬品・化粧品を販売するには、薬事法に基づいて都道府県知事の許可を受けなければならない。 ■必要となる許可 ・医

  8. 中古品を扱いビジネスをするのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 中古品を扱いビジネスをするためには、古物営業法に基づいて公安委員会の許可を受けなければならない。尚、ネットオークションを開業する場合には「古物競りあっ

  9. 人材派遣ビジネスを行うのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 人材派遣ビジネス(労働者派遣事業)を行うためには、人材派遣法に基づいて都道府県労働局を経由し、厚生労働大臣の許可を受けなければならない。

  10. 人材紹介ビジネスを行うのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 人材紹介ビジネス(職業紹介事業)を行うためには、職業安定法に基づいて都道府県労働局を経由し、厚生労働大臣の許可を受けなければならない。 <

  11. クリーニング店を開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 クリーニング店を開業するには、クリーニング業法に基づいて都道府県知事(保険所)への届出が必要となる。 ■許可要件

  12. 美容室を開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 美容室を開業するためには、美容師業法に基づいて都道府県知事(保険所)への届出が必要となる。 ■許可要件 ・清潔保

  13. 理容室を開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 理容室を開業するためには、理容師業法に基づいて都道府県知事(保険所)への届出が必要となる。 ■研修要件

  14. 映画館や演劇場を開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 映画館・劇場を開業するには、興行場法に基づいて都道府県知事の許可が必要となる。 ■許可要件 構造設備・衛生設備の各基

  15. 建設業を開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 建設業を開業するには、下記の区分に従い管轄官庁の許可を得なければならない。 ①二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業し

  16. 不動産取引のビジネスを行うのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 不動産取引のビジネス(宅地建物取引業)を行うためには、宅地建物取引業法の規定により、国土交通大臣又は都道府県知事の免許を受けることが必要となる

  17. 運送業を開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 運送業を開業するには、貨物自動車運送事業法に基づいて国土交通大臣の許可を受けなければならない。 ■運送事業の種類 ・

  18. タクシーを開業するのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 タクシーを開業するには、道路運送法に基づいて国土交通大臣の許可が必要となる。 ■許可要件 ・事業の計画が輸送の安

  19. 貸金業を行うのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 貸金業を行うためには、内閣総理大臣または都道府県知事の登録を受けなければならない。 <登録拒否要件> 以下に該当

  20. 金融商品の販売等を行うのに必要な許可

     ■根拠法令・概要 金融商品の販売等を行うためには、金融商品取引法に基づいて内閣総理大臣の登録を受ける必要がある。 ■主な業務の種類と登録要件

  21. マージャン店・パチンコ店を開業するために必要な許可

     マージャン店・パチンコ店を営業するために必要な許可は「風営法第2条第7号営業」に基づきます。 ■根拠法令・概要 マージャン店・パチンコ店を開業





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



許認可一覧」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

和田裕美という人

和田さんとは、とある出版関係の会合?ミーティング?交流会?早い話が飲み会ですが、その時ご一緒しました。たまたま、僕の横に座っておられたのですが、僕は初対面でしたので、「かわいいお嬢さんがいてはる…」それぐらいの認識でした。ただ、笑顔はとっても印象的で、だからこそ、こんなベストセラー作家さんとは想像できませんでした。これが、和田裕美さんとの出会いです。

...続きを読む

学習テーマ【事業計画書作成の目的】

"事業計画は、読む人の立場に立って作成する 書き方は、項目を立て、箇条書きを中心に、可能な限り数字を使って根拠を示すものでなければならない。当然、数字は表や図にまとめる。また、写真や絵を添付してもいい。要は、早く、正確に、事業の魅力を相手に伝えるためのツールなのだ。手紙のようにズルズルと文章をつらねる書き方では、到底その目的は果たせない。 "

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ