2-3.LLP

この記事はに専門家 によって監修されました。

執筆者: ドリームゲート事務局

STEP2.こんなに違う。会社の種類

【無料で完成】事業計画書作成ツール
累計8万人が利用!質問に答えるだけで「事業計画書・数値計画書」が完成
⇒事業計画書作成ツールを無料で利用してみる

  • 日本政策金融公庫の創業計画書も作成でき、融資申請に利用できる。
  • 業種別にあなたの事業計画の安全率を判定
  • ブラウザに一時保存可能。すべて無料
⇒事業計画書作成ツールを無料で利用してみる

2-3.LLP

【無料】専門家へのメール相談はこちら
起業・経営のお悩みにドリームゲート認定の専門家が48時間以内にメール回答!
こちらから無料でメール相談

こんな質問が増えています↓

LLPとはどんなもの?

LLP(Limited Liability Partnership)=有限責任事業組合のことです。
2005年8月から施行される新たな事業の制度で、「有限責任事業組合契約に関する法律」によって制度化します。

LLPはこんな考えから生まれました

「この法律は、共同で営利を目的とする事業を営むための組合契約です。組合員の責任を出資額までにする制度を確立させ、個人や法人が共同で行う事業の健全な発展を図り、日本の経済活力の向上を目指すものです」
(経済産業省法律案第1章要約)

資金がなくても、専門技術やノウハウをもった人的資源と企業が、力を合わせて新たな事業に取り組みやすくするための事業体制度です。
この制度によって、共同事業の活性化を図るのが狙いです。
では、この制度のメリットはどんなところにあるのでしょうか?

大きな点では3つあります
1.構成員課税
2.有限責任制
3.内部自治原則

LLP の最大のメリットともいわれるのが課税方式。法人ではないため、どんなに黒字が出てもLLP自体には課税されません。LLPで出た利益は、出資者が全員一致で定めた合理的な比率で割り振り、これを各出資者の所得として(個人の所得税や法人税が)課税されるのです。逆に、赤字となった場合、出資者は割り振られた損失分を企業や個人の所得から差し引くことができ、節税にもなるのです。(損失は出資金額の範囲内までになります)

また、法人のように取締役会や監査役を設けなくても、出資者たちが柔軟に事業のルールを決められることや、責任の範囲が出資額まででいいというのも、メリットといえるでしょう。

what_llp

LLPとはどんなもの?

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める