合名会社・合資会社

会社設立

執筆者: ドリームゲート事務局

個人事業の単体もしくは集合体を組織にしたものが、合名会社だと考えられる。これに対し、合資会社は合名会社を少し発展させた形態といえるだろう。

合名会社は、会社の利害関係者に対して全ての責任を負う無限責任である。そのため1人で設立した合名会社は個人事業とほとんど変わりはない。これに対して合資会社は、無限責任を負う出資者が経営する事業体に、資本参加するだけの出資者(有限責任)が加わりって事業規模の拡大を狙った形態になっている。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める