会社



現在、「会社法」で設立できる会社は以下の4種類だ。
・株式会社
・合同会社
・合名会社
・合資会社

またこの他にも、「特定非営利活動促進法」に基づき特定非営利活動を主たる目的として同法の定めるところにより設立される「NPO法人」や、「有限責任事業組合契約に関する法律」に規定さる有限責任事業組合(LLP)など、様々な組織形態がある。尚、LLP組織は組合であるため、法人格は有さない。

その他、この分野に強い専門家を見る

  1. 株式会社とは

     株式会社は広く一般から出資者を募り、1円以上の資本でスタートすることができる。会社の大小はあるが、会社に対して出資する人(株主)と出資された財産を運用する人(経営者)を分けて考えよ

  2. 合同会社(日本版LLC)とは?

     合同会社は、新会社法で新たに創設された会社形態である。前述の合資会社の出資者が、全員有限責任社員になった状態の会社形態だ。その特徴は、会社の内部規律が民法上の組合型である点や、外部との

  3. LLCのメリット、デメリット

     合同会社(日本版LLC)の主なメリットは以下の通りだ。 ■安く設立できる 一概には言えないが、株式会社の設立と比べて半額以下で設立できる。登記

  4. 合名会社・合資会社

     個人事業の単体もしくは集合体を組織にしたものが、合名会社だと考えられる。これに対し、合資会社は合名会社を少し発展させた形態といえるだろう。 合名会社は、会社の



会社」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

学校とは

僕たちは学校で自分の生き方を自己決定することを学びます。自己決定のいいところはいつでもやり直しがきくということです。自分で決めたことですから、辞めるのも自由です。今までの環境なり、仕事がどうであろうと、いつでも僕たちにはやり直す可能性があります。学校とはいろんなものをリセットするところなのです。

...続きを読む

誰に、何を、どう売るのか

「誰に、何を、どう売るのか」を決めることを見定めることは、とても大切です。「何を」からスタートしても、絶対に「誰に」を考えねばなりません。 その製品やサービスを受け入れてくれくる可能性のある相手はどういう層かを、徹底的に洗い出すことです。そして、洗い出した層ごとに、それぞれの特性やニーズを研究しまくることです。

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ