契約書トラブル。基礎知識



実際に契約書を検討するにあたって、具体的にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

契約書の最低限必要な項目は以下の3点です。

1. 契約当事者
2. 期間・期日
3. 権利義務内容=対価関係の内容

それぞれについて詳しく知りたい方は、以下のコラムを参考になります。
トラブルを予防する契約書のポイント

ただし、契約書というのは相手があっての事です。契約書の有利不利や取り決めるべき範囲などは、相手との力関係などにも左右され、そうなると最後は人間同士の交渉で決まってきます。そうした交渉に際して有効な助言をしてくれるのが顧問の弁護士だったします。
しかし、顧問弁護士を抱えるのはコスト的にも負担です。自前の法務部門を持てるのはよほどの大企業だけでしょう。

そこでオススメなのが、契約書生成ツール

ビジネスに必要な契約書が、質問に答えるだけで自動作成されるクラウド型契約書作成サービスです。契約書作成は無料(SmaBIの基本会員登録が必要ですが、会費は無料です)。さらに弁護士による有料の添削サービスもあります。どうしてもサポートが必要な時だけお金を払えば、プロのリーガルサービスが受けられるのでリーズナル。是非ご活用ください。

その他、この分野に強い専門家を見る

  1. 何故契約書が必要なのか

      契約書を作成せずに口約束だけで取引をはじめたり、あるいは長年取引をしているにもかかわらず、全く契約書が作成されていないということは、日本のビジネスシーンにおいてはよく見られます。

  2. 契約書の種類

     契約書といっても、その種類は様々です。この中でも、起業家やベンチャー経営者にとって身近なものをいくつか取り上げてみます。ここに列記したものは取り交わす機会が多い契約書になるので、その内

  3. 契約書のチェック項目

     各契約書のチェック項目について、この場で全て説明することは不可能です。たとえば、取引基本契約書においては、① 基本契約と個別契約の関係、② 個別契約の成立、

  4. 基本契約書

      基本契約書、あるいは取引基本契約書といいます。 継続的取引を行う当事者間において締結される契約書で、ほとんどの業界において必要とされる契約書です。取引の基本

  5. 秘密保持契約書

      技術的、あるいは営業的な機密情報を取引開始に際して相手方に開示する場合に締結される契約書です。NDAと略称されることが多いです。これもかなり広い業界において利用されるパターンの契約書

  6. 雇用契約書(労働契約書)

     雇用契約書(労働契約書)とは、事業者(使用者)と労働者との労働条件を書面にした契約書です。企業の側に雇用契約書の作成義務があるため、雇用する側は労働条件が記載された書面を交付して明示し

  7. 売買契約書

     売買契約書とは、物(あるいはサービス)の売買の条件を書面にした契約書で、買う側の代金支払義務と目的物を引き渡してもらう権利、売る側の代金を受け取る権利と目的物を引き渡す義務を明記します

  8. 業務委託契約書

     業務委託契約書とは、主に、企業間の業務委託についての条件を書面にした契約書です。ここで注意が必要なのは「業務委託」という言葉の定義です。実はこれが曖昧で、民法上で明確に定義がされてませ

  9. 賃貸借契約書(賃貸契約書)

     賃貸借契約書(賃貸契約書)とは、物の貸借とその対価としての賃料についての条件を書面にした契約書です。一般的なのは事務所や店舗等を借りる場合、レンタルやリースも賃貸借契約の一つです。

  10. 共同開発契約書

     聞きなれない契約書だと思いますが、ベンチャーであれば、自社だけで製品を開発するのでなく、他社と共同で行う事も多いでしょう。 他社と共同で新製品を開発する場合に





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



契約書トラブル。基礎知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

固定資産取得時の経理処理は慎重かつ大胆に!

固定資産の取得に当たっては、購入代金だけではなくさまざまな付随費用も発生します。このような付随費用を固定資産の取得価額に含めるのか否かなど、固定資産の取得時は経理処理に頭を悩ませます。今回は固定資産取得時の経理処理について、そのポイントを解説します。 固定資産の取得に当たっての経理処理には、会社側に選択の余地がある項目が多くあります。選択次第で会社の損益計画や税負担が大きく変わってきますので、その判断は「慎重かつ大胆」に行いましょう。

...続きを読む

ネットショップをはじめよう1

個人で、あるいは社内ベンチャーとして起業するにあたり、ネットショップほど意義のある商売はないと信じています。現在のネットショップの隆盛は、10年前では考えられなかった世界です。インターネットには時代の勢いがあると言えます。今回は、まずネットショップビジネスを始めるにあたって、大切なことを考えてみたいと思います。

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ