給与の一部を現金で支払った場合

経営トラブル

執筆者: ドリームゲート事務局



 先に挙げたように、給与は現金払いが原則ですが、実際には口座振り込みをしているケースがほとんどかと思われます。しかし、やる気を出させるために報奨金等を現金で支給するというケースがあります。このような場合、給与計算はどうなるのでしょうか?

 まず、原則からして現金払いも雇用保険、社会保険、所得税の対象となります。そのため、現金払いした場合には、まず、給与計算に算入して保険料や所得税の計算をします。そして、金額が出た後に、再度現金にて支払った分を控除して支給します。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める