著作権

経営トラブル

執筆者: ドリームゲート事務局



例えば、「自社のHPの写真が盗用された!」といった場合はどなるのでしょうか。

 著作権は、写真や絵画や楽曲のような、いわゆる著作物を保護する制度です。一般的な著作物のイメージとしては、美術品や音楽作品や映画のような専門家が創作したものに限られるイメージが、実際には、子供から大人まで、だれが創作したものであれ、基本的に著作権が発生すると思ってください。

 そして、著作権は、その本人が「完成した!」と思って時点で発生します。写真であれば、シャッターを切って、画像ができあがった時点で、その写真には著作権が発生します。つまり、著作権は、官公庁への届出も登録も不要で発生する権利なのです。

 そこで気になるのは、別の人が、それぞれ独自に思いついたにもかかわらず似た著作物であった場合です。この場合、それぞれの著作物には、独立した著作権が発生します。あくまでも他人の著作物を真似することなく独自に創作した場合はOKですが、真似た場合には、それは他人の著作権を侵害します。

 絵画の贋作のように、真似て描く、といった作業が伴うのが、今までは当たりまえでしたが、デジタル化時代になって、いとも簡単にコピーができるようになり、またインターネットには、不法にコピーされた著作物があふれています。

 不法コピーと知りながらダウンロードすると犯罪になる時代ですので、ネット上のコンテンツの取り扱いには、十分な注意が必要です。

 反面、自社のホームページの写真が勝手にダウンロードされて、他社のパンフレットに盗用されるような事件も、頻発しています。

 自ら盗用を行わないのは当然ですが、盗用を監視したり、盗用されないようなホームページの作りにするなどの対策が必要になっています。

 ビジネスを行って行く上で、著作権の知識は、絶対不可欠だと思ってください。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める