給与の支払い方法

経営トラブル

執筆者: ドリームゲート事務局



 支払い方法は現金払いが原則です。しかし、労使協定に定めることで口座振り込みにて処理することができ、主流です。

 人数が少ない場合には、手振込みをすることもさほど負担ではありませんが、できればオンラインバンキングで行った方が手間がかかりません。さらに、人数が増えてきた場合には、銀行から一括して支給日に支払うこともできます。その場合には、銀行にもよりますが、3営業日までには確定した金額を給与預入票にて連絡することが必要です。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める