資金繰りの重要性。黒字でも倒産?

経営トラブル

執筆者: ドリームゲート事務局



資金とは、現金と自由に引き出して支払いに充てることができる会社の預貯金を指します。具体的には現金・普通預金・当座預金・郵便貯金・定期預金などです。

資金繰りがうまくいかないというのは、支払期日までに資金調達ができず、相手への支払いができない状態です。こうなると会社は危機的です。信用もなくなりますし、支払いの催促に対応するだけでも大変な苦労になるでしょう。こうなると、最終的には会社が倒産します。

「勘定あって、銭足らず!?」という言葉があります。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

会社の収益や費用は現金の出入りには関係なく、会計上の事実の発生によって認識します。これを発生主義といいます。現金の出入りで見ていく場合は現金主義といいます。

発生主義ということは、収益から費用を引いた「利益」が、実際に手元にある資金と同じとは限らないのです。

たとえば、現金200万円で商品を仕入れて300万円で売れたとします。この売上のうち100万円が売掛金(売れたことにして商品を先に渡して現金は後で貰う)になり、月末でないと回収ができないとしましょう。すると利益は100万円ですが、売れた時ら手元にある資金は0円です。

利益は出ているのにお金がない。まさに「利益(儲け)あって、資金(お金) 足らず」です。このような事が積み重なると、場合によっては現金が不足する事態にもなります。これが黒字倒産が起こる仕組みです。

こうならないように、資金繰予定表というものが重要になります。

資金繰予定表とは、現金の出入り、取引内容を記録したものです。将来発生する入金や出金等も入れることで、どの時点でどれだけの現金が必要になるのか、あるいは足りなくなるのかを予測できます。足りなくなると予測されれば、支払いで後回しに出来るものを先送りにしたり、一時的に銀行から借入を行うなどして現金が不足しないように調整します。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める