ゴードン法

事業計画書作成

執筆者: ドリームゲート事務局

ブレーンストーミング法を応用した発想法。一段階視野を広めた状態で発想することにより、普通はなかなか出てこないような発想を促す。進行の段取りは、以下の通りだ。

① まずリーダー(司会者)を決めて、リーダーがテーマを決める
② リーダーはテーマについて抽象化し、他のメンバーのブレストのテーマを決める
  ※この際、元のテーマは他のメンバーには知らせず、リーダーのみ知っている状態となる
③ ②で決定した抽象化したテーマをもとにブレストで発想する
④ ③でブレストを行なった後、リーダーは改めて①で決めたテーマをメンバーに伝える
⑤ ③で出たアイデアと①のテーマを元にして再度全員でアイデアを練る

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める