資本金とは何ですか?

会社設立でのよくある注意事項
201512151154_2.jpg

資本金の専門家に無料で相談する
資本金のセミナーに参加する

Q.資本金とは何ですか?

会社を設立するときの資本金とは何ですか? いくらでもかまわないのですか?
 

A.回答

会社を設立するとき、資本金のことで悩んでいるのですね。以下、回答します。
 
①会社の資本金は、いくらでもかまいません。
新会社法の施行により。会社を設立するときの最低資本金制度が撤廃になりましたので、資本金はいくらでもかまいまあせん。極端な話、資本金が1円でも株式会社を設立することができます。ちなみに以前は、株式会社設立なら1,000万円、有限会社設立ならば300万円の資本金が必要でした。

②資本金とは、会社の体力、規模を表わします。
資本金とは、会社が事業のスタート時に、自分で持っている運転資金(自己資本)のことを指します。そのため、資本金が多ければ、会社の資金繰りは楽になりますし、
金融機関からお金を借りなくても、大丈夫なこともあります。
ただし、設立時の資本金が1,000万円以上ですと、設立初年度から消費税の課税業者となります。資本金が1,000万円未満であれば、消費税は2年間免除されます。

③金融機関からお金を借りることも考えて
例えば、資本金10万円の会社と、資本金300万円の会社があり、会社を設立したときに、300万円の融資を金融機関に申し込んだとしたら、どちらの会社が融資を受けやすいでしょうか?
資本金は、会社のスタート時の体力を表わしますので、資本金300万円の会社の方が融資を受けやすいのが一般的です。金融機関からお金を借りることを考えているのであれば、資本金は多いほうが借り入れはしやすくなります。

④許認可を受けるときに資本金の金額が条件になるときも
例えば、登録型の労働者派遣業、「一般労働者派遣業」の許可を会社設立時に取得しようと考えた場合は、資本金が1,000万円以上必要になります。
自分が行おうとする事業の許可要件を確認することも必要です。
会社を設立した後に、許可取得のために資本金が足りなくて、あとから増資をして余計な費用がかからないように注意して下さい。
 
 以上回答します。資本金は、会社スタート時の運転資金です。少しでも多く用意してから、起業して下さい。

201512151154_2.jpg