従業員にかかる税金、保険



法人といっても、実際には代表者1名で運営されている会社も多い。しかし事業拡大などを考えるのであれば、「雇用」は1つポイントとなってくるだろう。

従業員を雇用すると発生してくる税金や保険がある。それが源泉徴収税や住民税、社会保険だ。これらは、なんとなく聞いたことがあるという方も多いはずだ。これらの税金は個人事業主などならば自身で支払うのだが、会社の従業員については、会社側が給与天引き等で支払いを行うケースが殆どである。

ここではそれぞれの税金・保険について紹介するが、雇用を行う際にはこれら税金処理に関する業務が伴うことを理解しておきたい。資金の流れに少なからず影響もあるので、しっかりとした事前の体制作りを行っておこう。

>

その他、この分野に強い専門家を見る

  1. 源泉徴収税

     法人は、国税である法人税を申告月に申告・納付する。ではその会社で働く従業員は、どのようにして国に所得税を納めるのだろうか。 会社は従業員に対して、社会保険

  2. 住民税

     従業員の住民税は、事業所が給料から天引きして一旦預かり、次月10日までに各市町村へ納付する。納付法は、所得税の源泉徴収と原則として同じだ。住民税は市町村の財源で、市町村民への公的サ

  3. 社会保険

     従業員の社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)は、従業員から預かった保険料とほぼ同額程度を会社が負担し、年金事務所に支払われる。一般的には、口座引落となる。個人事業主であれば国民



従業員にかかる税金、保険」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

「リバースニーズ」を探し出す

あるニーズを満たすために、抑圧されてしまっているニーズのことを「リバースニーズ」と呼ぶことにしよう。このリバースニーズがビジネスの対象になるのだということを理解すれば、一見、硬直化してしまっている環境においても新しいビジネスが始められることが分かる。

...続きを読む

学習テーマ 【自分の強みの認識】

"市場の成長性以上に、市場と自分と相性が大事 個人が独立して事業を立ち上げる時は、市場の成長性と並んで、いや、むしろそれ以上に、市場と自らの能力や志向との相性が重要になる。"

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ