経営者にとって最低限必要なお金の知識



会社には、実に多くのお金が巡る。「利益を出すこと」が大きな目的であるから、このことは当然だろう。経営者は会社が現在どのような状況にあり、今後どのような事態が予測されるのか、このことを「お金」を軸として把握する必要がある。

では、そのためにどうすれば良いのか。具体的には財務諸表や試算表といった書類に落とし込んでいくことになる。書類作成については自身で行う必要はなく、税理士などの専門家に任せ、その結果の説明を受け、自分が知りたい情報について質問すればよい。

もし「会社を経営するなら、会計・財務知識は完璧に覚えないと」などと思っているのであれば、大きな間違いだ。経営者はそんなことより、売上をあげることや顧客満足、会社の将来の戦略などを考えなければいけない。経営者が知っておくべき情報は、あくまで会社の目標達成に重要ないくつかの数字だけなのだ。
よく会社設立の前に会計に関する書籍を読みあさったり、簿記を勉強したりする人がいるが、それこそ時間の無駄だ。経営者には、もっとやるべきことがある。専門家に任せ、必要な情報は報告を依頼し、質問をすることで得ていく。少しでもわからないことがあれば、わかるまで徹底的に何度も質問することが専門家をうまく活用するコツだ。

その他、この分野に強い専門家を見る

  1. 経費・仕訳・簿記

     「会社を経営するからには、簿記くらい知っていなければいけない」なんていうことを、言われる場合がある。注意しなければいけないのは、ここでいう簿記と一般的な意味の簿記とでは、少し意味が

  2. 財務諸表とは

     決算・納税には、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書、株主資本等変動計算書が必要だ。これらの書類は、総じて「財務諸表」と呼ばれている。また会社によっては、個別財務諸表だけ

  3. 管理会計

     会計とは、企業の活動をお金という単位で記録していくことである。しかしそこには、一定のルールが必要だ。 企業の会計は、大きく以下の2つに分類される。

  4. キャッシュフロー

     会社の資金が枯渇してしまえば、どんなに利益が出ていようと会社は倒産してしまう。中小企業の場合、会社のお金が足りなくなるとオーナー社長がお金を補填したり、借入金の連帯保証に社長さんが

  5. バランスシート・貸借対照表

     貸借対照表は、一定時点での資金の調達源泉と使い道を表現した表である。右側(貸方)のと左側(借方)の金額合計が一致してバランスが取れることから、「バランスシート」とも呼ばれる。

  6. 損益計算書

     損益計算書は、一会計期間の収益と費用の状態を表す。営業や投資でどのように利益が生み出されたのかを、収益項目や費用項目を区分して分かりやすく表示しているのだ。単純に儲けがいくらという





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



経営者にとって最低限必要なお金の知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

お年寄りが採集。つくし飴の成功秘訣

この季節のアレルギー対策として「つくし飴」が好調な動きを見せているようです。今回は、この商品開発の裏側にある「ユニークな仕組み」に着目し、ビジネスで「みんなが喜ぶ仕組み」を実現するために、経営者に欠かせない“発想”に迫ります。

...続きを読む

haveからdoへ、そしてbeへ

あるセミナーでhave、do、be、って話を聞きました。講師はこの三つを使って時代がもつ価値の変化を説明していました。こんな風にです。日本の70 年代はhaveの時代、「持つ」ことに意味があった。80年代はdoの時代、「何をするか」に価値は変わった。そして、 21世紀の日本はbeの時代、「どう在るか」が一番大切。have=何を持つか?do=何をするか?be=どう在るか?

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ