決算までには抑えておきたい最低限の会計知識



「決算」は、経営者にとって1つの大きなイベントでもある。しかし決算を行うには、会社のお金の流れを細かくまとめ、必要な書類に情報を落とし込む必要があるのだ。ではいったい、何をどのようにまとめれば良いのか?

税理士などの専門家と契約を結んでいる場合には、ほとんどの作業を依頼してしまうことができる。しかし中には、「自分でも会社の数字は把握しておきたい」という方もいるだろう。

そこで、経営者が最低限抑えておくべき決算・会計に関する基本的な用語をご説明したい。ただし何より覚えておいて頂きたいのは、「何に使う決算書なのか」を考えることの重要性だ。決算書の利益は納税額に影響するだけでなく銀行からの借入ができるかどうかも、決算書の内容で決まる部分が大きい。例えばきちんと利益を計上できていない会社に融資をするのはリスクを感じるだろうし、期末にお金が残っていれば、会社として資金潤沢なので安定していると判断してもらえる可能性が高いといった具合だ。しっかりと、会社の状況・方針に合った決算を行いたいものである。

その他、この分野に強い専門家を見る

  1. 法人にかかる税金の基礎知識

     法人にかかる税金の代表は、何と言っても「法人税」である。この法人税は会計で算出される利益に対し税務上の調整を加えて「課税所得」を算出し、その所得に対して一定の税率で課税されるという

  2. 法人の申告・納税スケジュール

     法人は個人とは異なり、「決算期」を自由に定めることができる。例えば1/9決算ということも可能だ。とはいえ実務的に決算期は月末でないと、申告や納付を忘れてしまうことが多くなる。そのた

  3. 決算・決算書の種類

     そもそも決算日だけでなく会社の事業年度の長さも自由に決めることができる。そのため決算は四半期ごとや1年ごと、場合によっては1年を超えて行っても良いのだ。しかしこの期間が短過ぎると、

  4. 総勘定元帳

     「総勘定元帳」と「仕訳帳」は「主要簿」と呼ばれ、最低限作らなければ決算ができないという重要な帳簿である。これらの書類を作らないと、青色申告も認められないというわけだ。青色申告は各種

  5. 現金出納帳

     「現金出納帳」と聞いても、どんな内容なのか分かりにくいという人は多いだろう。しかし「おこづかい帳」のようなものと聞けば、イメージできる人がほとんどのようだ。

  6. 預金出納帳

     最近では、預金出納帳を作成することはほとんどない。なぜなら通帳の取引を会計ソフトに入力してしまえば、自動的に作成できてしまうためである。 預金出納帳には預金の動きを記録

  7. 仕訳・仕訳帳

     簿記の基本は「仕訳」にある。どういう取引の際に、どういう仕訳をするのか。これが分かるようになると、どんな取引が会社の利益に対してどのように影響するのかも見えてくるのだ。

  8. 売掛・売掛帳

     売掛帳は会計ソフトに仕訳を入力すれば自動的に作成されるが、仕訳帳などと異なってちょっとしたコツがある。売掛金という総勘定科目に、相手先ごとの補助科目を付けておくことが重要になるのだ

  9. 試算表

     試算表は、仕訳の入力さえしていれば会計ソフトから出力できるレポートだ。貸借対照表・損益計算書と同じ情報が含まれているので、通常は月ごとに作成する。前月の打ち手が効果的だったかどうか





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



決算までには抑えておきたい最低限の会計知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

経費として認められる「修繕費」の税務上の注意点

固定資産の修理・改良費用については、税務上、経費として認められる「修繕費」とするか、あるいは固定資産の取得価額に算入する「資本的支出」とするかの判断をしなくてはなりません。「修繕費」に該当するならば、そのまま一時の経費となりますが、「資本的支出」に該当するならば、固定資産の取得価額に算入した上で「減価償却費」として耐用年数にわたり経費としていく必要があります。

...続きを読む

立地・自店のポジショニング

立地が先か、業種が先かの問題は鶏と卵の問題とよく似ていると思いますが、立地にあわせた業種、業種にあわせた立地ということになるでしょうか。ニッチ=すきまであり、大手企業やチェーンストアが手を出してこない、関心を持たない市場であり、利益が見込まれ、潜在性があり、自身の商品やシステムが受け入れられる市場でもあります。「自分の商品が、どの市場にニーズがあるのか?」個人店の強みを生かし、その市場のターゲットの生活シーンやライフサイクルに合わせた、商品やシステムの提供を考えるとよいと思います。

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ