アイキャッチャー

営業・売上拡大

執筆者: ドリームゲート事務局



アイキャッチャーとは広告・流通において使われる用語である。広告の表現において人の目を引きつけ注目度を高めるために、写真や図案などの視覚的構成要素を取り入れ、購買意欲を刺激するように作られたものをいう。多くはイラストレーションや写真、図案化された文字、各種のキャラクターなどが用いられる。

アイキャッチャーには、その企業の広告に登場するものとして長期に渡って使用されるものと、短期間に限って一時的に使われるものがある。そこには、新鮮感や独自性が重要になる。
例としては、新聞の折り込み広告のチラシが挙げられる。週末に必ず入る家電量販店のチラシには、目玉商品に大きく紙面が割かれていて、チラシを手にした人が必ず目に付くようになっていることがわかるはずだ。

アイキャッチャーにはインパクトが大切。インパクトを感じることによって見た人の目を引き、注目を集めることに繋がるのだ。そして表現されているものが、“消費者の共感を得られるもの”であることが必要な要素となる。

広告を作るときは、以下の点を考えて製作することが重要になる。

・誰に見てもらいたいか
・どのような状況で見てもらいたいか
・顧客のどんな心理状態に働きかけるか
・興味を持ってもらうためのインパクトはあるか
・顧客にどんな行動をしてほしいか

このように、さまざまな視点から表現を構築しなければならない。

アイキャッチャーを決めるためには、いくつかのステップを踏むことが必要である。
まずはキャッチコピーをたくさん作って、カテゴリーごとにわける。そして周囲の人の意見を聞きながら、キャッチコピーを3~5案程度に絞っていく。ここで、キャッチコピーとぴったり合うビジュアルを探す。最後にアイキャッチャーを2~3案程度に絞ることができたら、試作として広告を出してみる。

このような流れで、アイキャッチャーを決めていく。広告戦略を考える上で、アイキャッチャーは非常に重要なポイントとなるのだ。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める