エリアマーケティング

営業・売上拡大

執筆者: ドリームゲート事務局



営業戦略の一つに、エリアマーケティングという方法がある。エリアマーケティングとは、地域を軸にしてマーケティングするという方法だ。これは、土地によって異なる価値観や社会構造から生まれる顧客のニーズに適応しようとする営業手法を示す。

エリアマーケティングでは、都道府県や市区町村という区分で市場を捉えることが多い。また希な発想ではあるが、関東圏などの広域都市圏、経済圏などという単位でエリアを企業で決めて取りまとめて行う場合もある。それぞれの特性や地域性を活かしたマーケティング戦略を考え、実践するやり方だ。

但し、エリアとはあくまでも概念的な事であり、実際にはターゲット層の特性に着目しなくてはならない。

例えば都市部と田舎とに分けるならば、田舎の方は年齢層が高くなることが多いだろう。そうすると、高齢者を対象にしたマーケティングを考える必要が出てくる。また子育て世代が住みたいと言われている町ならば、その世代に適したマーケティング戦略を検討する。

さらに新しくできた鉄道や空港、道路などを利用してマーケティングするやり方もある。利用者層について行動特性分析を行い、想定されるニーズを開発する手法がその一例である。変化は、必ず事業にチャンスかリスクをもたらす。
変化を見極め、最適な事業行動を行うことが肝心だ。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める