ドリームゲートアドバイザーとは?

日本最大級の起業支援プラットフォーム「DREAM GATE」には、40万人の起業家・起業家予備軍が登録しています。彼らに対して、相談サービスや公開型Q&A、起業関連のコラムの執筆等を通じて、起業・経営・成長支援を行っていただく専門家が「ドリームゲートアドバイザー」です。支援を通じて将来の顧客やビジネスパートナーと多くの接点を持つことが可能です。

ドリームゲートアドバイザー登録で得られる3つのメリット

1

日本最大の起業支援
プラットフォーム
「ドリームゲート」認定専門家

merit1 merit1 merit1 merit1 merit1 merit1

2

専門家のブランド構築・
PRをサポートする
ツールの提供

merit2 merit2 merit2 merit2 merit2 merit2

3

第一線で活躍する
専門家とのネットワークが
構築できる

merit3 merit3 merit3

1.日本最大の起業支援プラットフォーム「ドリームゲート」認定専門家

merit1

merit1

merit1

merit1

merit1

merit1

2.専門家のブランド構築・PRをサポートするツールの提供

merit2

merit2

merit2

merit2

merit2

merit2

3.第一線で活躍する専門家とのネットワーク

merit3

merit3

merit3

資料請求・ガイダンスのお申し込みはこちらお電話でのお問合せはこちら

登録アドバイザーへのインタビュー

奥山 英二氏
(米国弁護士、米国公認会計士)

米国弁護士・公認会計士。米大手監査法人勤務を経て独立。独立後は数百件の特許・商標申請の仲介、訴訟、ライセンシング、M&A、法人設立など、企業周りのあらゆる法務相談に対応。

福田 剛大氏
(名刺コンサルタント)

『24人に1人渡すだけで仕事が取れる「絶対受注名刺」』の著者。仕事の取れる名刺の専門家として、多くの法人・個人を支援。 講演活動で全国を奔走し、マスメディアに多数取り上げられる。

八藤 浩志氏
(ネイルサロン37店舗経営)

大学卒業後リクルートコスモスを経て、27歳で独立。会員制ネイルサロンを事業化し、現在では都内を中心に全国に37店舗を展開。来店者数は月間のべ3万人以上を誇る。

伊藤 みゆき氏
(ITコンサルタント)

毎年100件超の問合せを受ける人気アドバイザー。IT業界で10年以上WEBコンサルタントとして活躍。柔らかい口調と的確なアドバイスは、経営者はもちろん同業者からの信頼もあつい。

伊関 淳氏
(行政書士、社会保険労務士)

脱サラ起業支援の専門家として200社以上の会社設立を支援。また、会社員の働き方についてまとめた著書『サラリーマン3.0』は、日本経済新聞など、多数のメディアでも取り上げられている。

長山 衛氏
(ECコンサルタント)

楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞など、名だたるECサイトで結果を出し続ける。2010年には「ネットで最もおせちを売った男」として各種メディアに取り上げられる。

奥山 英二氏
(米国弁護士、米国公認会計士)

-ドリームゲートアドバイザーへの登録のきっかけ、経緯を教えてください。

●自身の経験を基にアメリカでの起業を目指す方を支援する

アメリカンドリームを最初から目指していたわけではないのですが、私自身、期せずしてアメリカで独立し、起業家としての道を進むことになりました。それがきっかけとなり、アメリカで起業を目指す方々のお手伝いが出来れば素晴らしいのではないかという思いを掻き立てられ、アドバイザー登録をするに至りました。また、当時ドリームゲートに真のアメリカ進出アドバイザーがいなかったことも、登録の後押しになりました。

-ドリームゲート登録後の活動状況を教えてください。

●ドリームゲートの相談をきっかけにした顧問契約

ドリームゲートでのご相談をきっかけに、顧問契約を頂いたり、スポットでご相談をいただく例は非常に多くあります。個別の相談内容はもちろん申し上げられませんが、アメリカでの問題、アメリカへの進出、やはり、政治、経済的そして文化的にも深い関係にあるアメリカ、世界最大の消費地であるアメリカに目が向いてらっしゃる方は未だに多いと感じます。

-最後に、今後のドリームゲートアドバイザーとしての活動の展望をお聞かせください。

●ドリームゲートの知名度・信頼感がビジネスに及ぼす影響

米国ベースで日本は月一の出張という関係上、勉強会や懇親会などのアドバイザーとの交流の場に思い通りに足を運ぶことが出来ませんが、アドバイザーになって、知名度がじわじわと浸透してくることがビジネスを引き寄せる大きな助けになっていると感じます。また、ドリームゲートが経済産業省の事業として始まったという信頼感を相談者の方に与えられていると思いますので、もうすぐ5年になりますが、これまでどおりの関係を続けて行きたいと思います。

福田 剛大氏
(名刺コンサルタント)

-ドリームゲートアドバイザーへの登録のきっかけ、経緯を教えてください。

●名刺を通してストレスのない営業を広める

起業家の方がゼロから営業していく場合、自分が何のために起業をしたのかを伝えることが重要となります。その営業活動を円滑に、最適に行えるのが名刺です。起業家の方に「仕事の取れる名刺」を活用してもらいたいと考え、アドバイザー登録をしました。

-ドリームゲート登録後の活動状況を教えてください。

●セミナー登壇をきっかけに、他団体からの講師依頼

ドリームゲートを通じて日本政策金融公庫が主催するセミナーに登壇したことがきっかけで、他の団体でセミナーを行う機会に恵まれました。参加者の中には、リピート受講の方もおり、以前受講された場所と離れていても受講していただけることに驚いております。

-ユーザーからはどのような相談を受けますか?

●相談者の気持ちを汲んだ回答を心掛ける

ドリームゲートユーザーからは、名刺をはじめとした営業ツールの相談が多いです。しかし、相談を掘り下げると「人」が原因であることも少なくありません。その場合、ツールの作り方だけではなく、相談者の気持ちを汲んで形にしてあげるように心がけています。

-最後に、今後のビジネス活動の展望やビジョンについて教えてください。

●『名刺=命使』を伝え、ビジネスチャンスを拡げたい

僕の夢は「名刺交換だけで仕事が取れる世の中する」ことです。そのために、『使命が書いている名刺=命使(めいし)』をビジネススタンダードにする必要があると考えています。今後も、起業を考えている方の名刺=命使開発に携わっていきたいと思います。

八藤 浩志氏
(ネイルサロン37店舗経営)

-ドリームゲートアドバイザーへの登録のきっかけ、経緯を教えてください。

●日本活性化のために、若い世代の起業の芽を育てる

これからの日本の活性化には、若い世代の起業の芽を育てていくことが最も大切なことだと感じております。起業20年目を迎えるにあたり、自らの経験を若い世代に伝えたいと考え、ドリームゲートアドバイザーに登録しました。

-今後のドリームゲートアドバイザーとしての活動の展望をお聞かせください。

●闘病生活の経験から、「健康」の重要性を伝えたい

我武者羅に仕事に打ち込み続けた後に自分を待っていたのは、数ヶ月にも渡る闘病生活でした。これから起業するみなさんには「健康」の大切さを実感していただきたいと考えております。セミナー開催やアドバイザー同士の交流を通じて、まずは啓蒙的な活動をしていきたいと考えております。

伊藤 みゆき氏
(ネット起業・独立・開業支援のウズリー代表)

-ドリームゲートアドバイザーへの登録のきっかけ、経緯

私は現在セミナーやコンサルを通して「教える」ことを仕事にしています。 ネット通販や集客方法などすべて自身の経験で得た知識やノウハウです。 「教える」ことを仕事にしている理由は、15年前に地元の三重県で起業した際、「知らない」ということで回り道をし、 ノウハウを得るまでにも多くの時間を費やしました。 これから起業する方には、当時の私のように無駄な回り道をして欲しくない。そういう思いでアドバイザーになりました。

-登録後のメリット

同じアドバイザーである士業、コンサルタント業の方との交流ができることはもちろん、 各個人に与えられる「アドバイザー紹介ページ」が自分のサイト代わりになりSEO効果も期待できます。 登壇するセミナーの掲載ができるなど、ページを自分で運営・管理することが可能です。 掲載セミナーはドリームゲートのウェブやメルマガでも紹介されセミナーの集客にもつながっています。

-今後のドリームゲートアドバイザーとしての活動の展望

年100件超のネット起業にまつわる相談内容に共通部分が多く、皆さん同じ悩みをお持ちです。 今後は、ネット通販、海外販売、集客、ネット活用の事業モデルなど 15年の経験で得た知識やノウハウを 他の起業家の皆さんと共有できるように専門情報サイトとして情報発信していきます。

伊関 淳氏
(行政書士、社会保険労務士)

-ドリームゲートアドバイザーへの登録のきっかけ、経緯を教えてください。

●セミナー集客に高い効果

数多くの起業セミナーを開催する中で、ドリームゲートの集客力に魅力を感じ、アドバイザー登録をしました。実際アドバイザー登録後は登録以前と比べてセミナー参加者数が平均して50%程増えました。今後も起業セミナーや相談サービスを通じて多くの起業家の支援を積極的に行い、ドリームゲートと共に起業シーンを盛り上げたいと思います。

-ドリームゲート登録後の活動状況を教えてください。

●それぞれに強みを持つ専門家とのネットワーク

ドリームゲートアドバイザーには士業・コンサルタントの他、様々な業種の企業経営者が登録されております。アドバイザーの方それぞれが「この業界では~さん」「この分野では~さん」等の強みを持っており、そのアドバイザーの方々と定期的に開催される交流会や勉強会を通じて知り合うことができます。このような多種多様な専門家とネットワークを持てることは、仕事において強力な武器となっています。

-最後に、今後のビジネス活動の展望やビジョンについて教えてください。

●アドバイザーとのコラボレーションで新たな事業展開へ

現在のビジネスは、起業支援の事業と人事労務の視点による経営支援の事業の2つが大きな柱となっております。今後は上記2つの事業に加え、アドバイザー同士でのコラボレーションによる"第3のビジネス"の展開を考えています。

長山 衛氏
(ECコンサルタント)

-ドリームゲートアドバイザーへの登録のきっかけ、経緯を教えてください。

●自らの起業経験を伝え、後進起業家の励みにしたい

僕が起業をした時は、経営に対する知識や理論を全く持 っておらず、そればかりか、2歳の子供と妻のお腹の中には第2子がいる状態でした。精神的な重圧ばかりがある中で、一緒に働いてくれるスタッフをひたすら信じることで今に至ります。こんな僕でも起業して現在まで至っていることを、これから起業する方に知ってもらい、励み にしてくれればと思い登録致しました。

-ドリームゲート登録後の活動状況を教えてください。

●登録後すぐに専門家とのコラボレーションが発生

ドリームゲートに登録して変わったことは、今まで知り合えなかった様々な専門家と出会えたことです。特に、同時期に登録するアドバイザーとは他の異業種交流会では得られない感覚があり、自発的なアライアンスが生まれやすいと思います。私自身も飲食コンサルタントの野村さんとコラボレーションサービスを展開したり、Facebook活用を得意とする今西さんとアライアンスをさせていただいております。

-最後に、今後のビジネス活動の展望やビジョンについて教えてください。

●EC業界のトップランナーとして業界活性化を図る

EC業界は技術革新が速いため、今後はECの最高研究組織として、研究結果をいち早くEC事業者に共有し、業界の活性化を図りたいと考えています。特にこれから起業・出店される方には、様々なステージに応じたステップアップの方法や課題についてアドバイスをしていきたいと思います。

資料請求はこちら

※ガイダンスの申し込みはこちらから可能でございます。
※ご登録頂いたメールアドレス宛に、資料請求登録完了のお知らせをいたします。

お名前
ふりがな せい めい
メールアドレス
日中連絡可能電話番号 - - (半角数字 例:090-xxxx-xxxx)
ドリームゲートアドバイザーの募集を知ったきっかけ  

お問合せ

03-3356-9121(受付時間:平日9:00~18:00)

ドリームゲートアドバイザー募集事務局 担当:柴木

お問い合わせフォームはこちら

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001,ISO20000-1,ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。