飛び込み営業

営業・売上拡大

執筆者: ドリームゲート事務局



飛び込み営業は、見込み客となりうる買い手の地域密集性が高い場合に効果を発揮する。
センスと度胸、そして持続的なメンタルタフネスが要求させる営業方法だ。

良く4月を過ぎると、飛び込み営業が増えたという声を聞く。これは多くの企業で、新人営業マンの登竜門として飛び込み営業が実施されているからだ。いわば、営業としての力試しである。しかしこの飛び込み営業で、心が折れてしまう営業マンも多い。なぜならアポイント無しで訪問するため、入口で断られる「門前払い」が多いからだ。場合によっては、怒鳴られることさえあるだろう。
また新人の場合には、営業スキルなどほとんど持ち合わせていない。自社の商品・サービスに関する知識も乏しく、慣れるまでは時間が掛かるのだ。なかなか話が進められず、挫折してしまうというわけである。

ただし飛び込み営業は、成果が得られない営業手法ではない。むしろ不特定多数に対する広告や、顔を合わせないテレアポなどと比べると、意外にも成約率は高い。

気をつけておきたいのは、「飛び込む」ことが目的にならないようにすることだ。
新人ならばそこで度胸を身につけることも目的となりうるかもしれないが、あくまで営業の目的は売上だ。営業マン自身も、またマネージャーや経営層も良く認識しておきたいところである。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める