自分に合った市場を探す。~技能・知識・資格を得よう~

事業計画書作成

執筆者: ドリームゲート事務局



勤務の中で、副業で、学校で、学ぶ

学ぶべきことは、独立の目的やジャンル、経験などによって当然異なってくる。しかしまずは自分がやりたい仕事を具体化し、その実現のために今自分に不足していることは何かという視点で、学習テーマを抽出するのだ。
また自分では「これが足りない」と思っても、実はそれだけではないということもあり得るだろう。そのため、周囲からアドバイスを受けることも必要だ。知人や友人にいろいろと相談をする中で、客観的な視点から自分に足りないものを洗い出してみると良い。

「足りないもの」が分かったら、次はそれをどう獲得するかが問題となる。

まず最初に、「勤務の中で学ぶ」。

よく、仕事場は最良の学校といわれる。実践的な情報が飛び交い、何より仕事ができなければ許されない環境であるから、納得のいく話だろう。学びたい事柄が業界の専門的な知識やハウツーであれば、やはりその業種の企業に就職・転職して学ぶのが一番の近道といえる。
一方で業界知識はあっても経営ノウハウに自信がないのであれば、現在の勤務先より小規模の企業に転職し、できる限りトップに近いポジションで仕事を経験するという方法が得策だ。起業するまでに時間的な余裕があるのであれば、こうした観点で就職・転職活動をするのも一つ手である。

次に「副業で学ぶ」。

昨今では手当カットが行われるなど十分な保障ができない事情あり、正面から副業を禁止する企業が減ってきている。そこで独立したい業種の知識やハウツーなどを、副業を通じて学ぶというわけだ。中でもネットを活用したビジネスは、時間と空間を制限されないために副業に適した業態だとされている。
つまり会社という器に属することで一定収入が保証されている中、いろいろなテストを実施するわけだ。今は週末起業フォーラムなど休暇や隙間時間を活かしたビジネス交流も盛んに行われているので、そうした場に出向いて情報収集を行うのも良いだろう。

そして「学校で学ぶ」方法。

ひと口に「学校」と言っても、大学院や大学、専門学校、短期セミナー、通信教育などその種類は多様である。そのため、テーマや自分のレベル、費用、期間、独立に対する支援策などを考慮して、自分にとって最適な入学先を選択することが大切だ。

その他に短時間・低予算で学びたいという条件を付加するならば、俄然として有力な学習方法になるのが書籍や情報誌、Webサイトなどの活用である。現在ではインターネット上でMBA資格などを取れるような、e-learning講座もある。比較検討した上で、今の自分に最適な学習方法を選択する必要があるだろう。

ここでは代表的な学び方を紹介したが、いずれの方法を選ぶ場合でも、独立に向けて足りないものを獲得するという視点で無駄のない学習に取り組むことが肝要である。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める