この記事はに専門家 によって監修されました。

独立業種・分野の見つけ方

事業計画書作成

執筆者: ドリームゲート事務局



経験分野、未経験分野どちらでもOK

「独立はしたいが、やはり経験のある業界の方が良い。それとも、未経験でもやりたいことをやった方が良いのか・・・」

こんな悩みを持つ人は、決して少なくない。そこで、独立するジャンルやテーマを検討してみてほしい。

独立業種・分野の見つけ方

一般には、「畑違い(未経験業種)は難しい」といわれることが多い。しかし研究を行い、むしろ部外者だからこそ消費者の視点から見たアイデアを活かすことで、事業展開できる可能性も十分ある。

また未経験分野の場合は、FC(フランチャイズチェーン)システムを活用するというのも1つの方法だ。FCとは、業界経験のない人でも事業を成功させられるノウハウを、本部企業がパッケージにして提供してくれる仕組みのことである。そのためFC加盟を検討する場合には、どの本部を選ぶかがとても重要になってくるのだ。

また現在と同じ、あるいは近い分野で独立する場合は、他社との差別化に対する考察が甘くなりがちである。同じ業界でも既存のものとどう差別化できるのかを、ぜひ追求してもらいたい。

事業には、必ずお客様が存在している。お客様の立場になって、「なぜあなたの会社の物やサービスを購入するのか」を考えてみると良いだろう。その理由が他社にないUSP(ユニーク・セールス・ポイント=御社独自のセールスポイント)であれば、事業が成功する確率は高くなる。

【無料】5分で診断!事業計画作成サポートツール

事業計画作成サポートツールでは、健全経営をしている先輩経営者を独自調査した結果と、あなたが作成した事業計画とを比較・判定が出来ます。
開業資金と売上見込みを入力するだけで、あなたの事業計画の安全率を測定することが可能です。

更に、作成した事業計画はCSV形式、Excel形式、PDF形式でデータをダウンロードでき、日本政策金融公庫の融資申請時の事業計画書としてご利用頂けます。

あなたの事業計画は成功する計画かどうか、是非チャレンジしてみてください。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める