合同会社(日本版LLC)とは?



合同会社は、新会社法で新たに創設された会社形態である。前述の合資会社の出資者が、全員有限責任社員になった状態の会社形態だ。その特徴は、会社の内部規律が民法上の組合型である点や、外部との関係が有限責任という株式会社のような形態であるといった点が挙げられる。

また合同会社は、日本版LLCとも呼ばれている。出資者(社員と呼ぶ)個々が業務執行権を持ち、重要事項を全員一致で決定するのだ。但しこれは、株式会社における株主総会の議決権のような制度ではない。さらに出資者(社員)の中から、特別に業務執行社員や代表社員を定めることもできる。

合同会社を設立においては、定款の認証という行為は必要ない。また代表者は株式会社のように代表取締役という呼び名ではなく、代表社員という呼び名になる。

その他、この分野に強い専門家を見る



会社」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

マーケティングに投資できない社長は経営者ではない

会社を発展させる方法は、一にも二にも見込み客を増やすことです。そのための投資をしようとしない社長がいるとすれば、その社長は社長であっても、もはや経営者ではなくなっている、という事実を知りましょう。 経営とは、継続・発展です。「儲かるしくみ」を作り、マーケティングに適切な投資をして、見込み客がどんどん集められるようになってこそ、ようやくあなたの会社は次のステップへ進める準備ができた、ということになるのです。

...続きを読む

実践と研究の衝突

研究者やコンサルタントは起業家の経験値を研究し、理論に落とし込みます。実践を研究し、研究を実践に落とし込み、実践と研究から答えを見つける。この作業がベンチャービジネスを学ぶと言うことです。研究の為の研究ではなく、実践に戻すことで、実業に役に立つことが私たちの目的です。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。