広告を出す

営業・売上拡大

執筆者: ドリームゲート事務局



プル型の営業手法として、代表的なのものが「広告を出す」という方法だ。広告は読み手に対して、幅広く自社商品・サービスを知ってもらえる効率的な手法である。とはいえ、「広告」と言っても種類は様々だ。そのためコストや対象顧客に対して効果のある広告を選び、出すことが重要になる。しかし広告は、出せば良いというものではない。当然だが、中身についても、熟考しておく必要がある。

広告といえば、新聞が一番良いと言われている時代があった。とにかく目につく所に置いておけば、新聞を見ている人には必ず目につくように配置されている。広く、また柔軟性の高いものだとされ、広告戦略として新聞を最初に利用する会社は多い。デメリットがあるとすれば、今は若者の新聞離れや視覚だけになりやすいということが挙げられるだろう。

同じく雑誌も、広告を出す手段として効果がある。しかし雑誌の場合は、1冊の雑誌の中にかなりの情報量が盛り込まれているため、インパクトが薄いという側面もある。ただし特集など雑誌の中身・目的あった広告であれば、大きな集客になるだろう。例えば女性雑誌の「スイーツ特集」に、スイーツを販売する店舗の広告を載せるといった具合だ。

資金のある会社であれば、テレビやラジオでの広告も多い。広い範囲でのアプローチになる他、映像を使うことで強いインパクトが与えられる。ただしコストが他の広告と比較しても高いので、設立間もない企業では難しい手法ともいえるだろう。

昨今はインターネットが普及し、インターネット広告も増えている。新聞以上に広いユーザーへアピールできるし、何よりもコストも安い。検索エンジンやメルマガなど、至るところにネット広告が存在している。多くの人が目にしてくれるため、一気に集客できる可能性がある。

いずれにしても、自社の取扱商品やサービスと媒体との親和性が、広告の成功の可否を握る。
自社商品の購入層が、どんな行動パターンを取っているのか・・・そこから逆算して広告出稿の戦略策定を決めることが重要だ。
決して広告代理店の提案をそのまま真に受けることだけは避けた方が良いだろう。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める