PR、メディアに出る

営業・売上拡大

執筆者: ドリームゲート事務局



メディアへの露出は、営業手法として大きな収穫を得られる方法の一つである。メディアと言えばテレビが一番に思い浮かぶが、ラジオや新聞、雑誌などもメディアというカテゴリに含まれる。

メディアに出ると言っても有料広告と無料のパブリシティが存在する。
有料広告のメリットは、自社のセールスポイントを正しく伝えることが出来る。
反対に無料のパブリシティは、媒体側が取材した内容が掲載され、原則的には内容のコントロールをすることは出来ない。
ただ、有料広告と比較して、市場からの反応率が高いのが特徴だ。

この無料パブリシティは、プレスリリースを新聞、雑誌、TV関係者などに送信することから始まる。
つまりメディア側から「取り上げたい」というオファーを受ける為に仕掛けを投げかけるという算段だ。そのために、商品・サービスの良さや特徴、独自性といったことをメディア側に知ってもらう必要がある。

特に社会変化に沿った斬新なビジネスであれば、興味を持ってもらえる可能性はあるだろう。
さらに取り上げてもらう精度をあげるには、リリース情報をもとに、こちら側から直接メディアに「取り上げてほしい」と電話や直接訪問してアピールすることも大切だ。

その際のポイントとしては「自社のアピール」をするのではなく、プレスリリースの内容が、媒体を見ているエンドユーザー側にとって、メリットを感じられるように設計すること。
つまり、読者のためになりますよ・・・という視点でアピールするということだ。

設立間もないベンチャー企業であっても、メディア露出の可能性はある。むしろ“新しい”からこそ、メディアは情報を求めているのだ。
幅広い相手に向けた営業手法として、メディアによるPRはぜひ検討しておきたい。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める