起業の心得:ゲンイチ第14回 起業家 大室一宏 41歳 史上最強の開拓親父<その一>

起業家インタビュー

執筆者: ドリームゲート事務局

去年の10月7日、「はじめまして、元兼業農家です」の件名でDREAM GATEメーリングリストに大室さんがメールをくれたところからこの話は始まります。

2003年10月7日DGML:01175「はじめまして、元兼業農家です」「皆様はじめまして 大室と申します。この1ヶ月ぐらい皆様のメールを拝見させて頂いて、とても勇気付けられています。広島の山の中で百姓をしています。といっても、脱サラIターン組で10年くらいになります。(中略)10年程前長子誕生をきっかけに脱サラ、見知らぬ田舎に飛び込み、『史上
最強の開拓親父』をテーマに殆ど一人で山を切り拓き、家を建て、無農薬の米を作り、鶏を飼い、と夢中になってやってきて、それなりの形にはなってきたのですが、ふと我に返ったとたん、強烈な不安とプレッシャーに襲われました。」云々…。

その後、DGでもあれこれやり取りをしたと思います。そして、10月16日に広島のイベントで、はじめてお会いしました。大室さんは僕たちの憧れです。この殺伐とした都会におさらばして、自然の中で土と一緒に人生を送りたい。家族が居て、いつも一緒に暮らす、生活する…。何回も言いますが、憧れです。でも、出来る人は限られています。それを実践している人が大室さんです。家まで自分で建てて、あ~くやしい~。(笑)

ところが、お話をお聞きしたら、「なかなか、百姓では食えないので、僕は塾の講師のアルバイト、家内もパートに出ていました。でも、今は専業です」って…。僕は大室さんに言いました。「大変や思うけど、専業で食って下さい。大室さんはMLでも多くの人に勇気を与えたし、僕らの憧れの人です。その人がバイトしたり、奥様をパートに出たりしたらあかん。百姓でメシ食って下さい。お願いしま~す」ただ、お願いするだけではアカンので、その場で大室+吉田プロジェクトを立ち上げました。

次回に続く‥

大室自然農園 大室一宏
世羅西町上津田118 TEL.FAX 08473-9-1159

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める