事業計画書フォーマット雛形 ベーシック



まず、事業計画書の基本について理解しておきたい。最初に事業を思いついた時に、その内容をきちんと事業計画書の形にまとめるためのフォーマットである。利用シーンとしては、「会社設立」時に利用することが一番多い雛形だ。

独立して会社を設立する際には、知人や他企業への事業説明が当然必要になる。配偶者や親族などの理解を得ることや、役員への就任依頼、株主の募集、資金借入などの目的で、事業内容を説明し協力してもらう必要もきっとあるはだ。この段階できちんとした説明ができなければ、会社を設立すること自体を断念するケースもあるだろう。またこの時期には、特に事業計画書の書き直しが度々発生することが想定される。しかしその作業を何度も繰り返しているうちに、自分自身でこれから始める事業のイメージが明確になり、より具体的な事業計画を考えられるようになってくるはずなのだ。

ここで事業計画を練ることにより、実際の事業で考えられるリスクを事前に想定することも可能である。つまりは、そのリスクを回避できる可能性も高くなるわけだ。実際に事業が開始されてからでは日々の実務に割く時間が多くなってしまい、なかなか落ち着いて考えることができない。起業前の十分な時間が確保できる間に、事前に事業計画を細部まで精査し、無駄なリスクを避けるようにしよう。

事業計画書の、一般的なフォーマットをダウンロードすることができる。フォーマットには、以下の項目が盛り込まれている。

・表紙
・サマリーフォーム
・目次
・事業の背景と目的
・事業の内容
・市場環境
・競合優位性
・ビジネスモデルの検証(経営プランの確認)
・マーケティング・販売計画
・事業目標
・収支計画
・想定リスクと対応策
・資金計画
・今後のスケジュール
・会社概要・経歴・連絡先
・参考フォーマット集

最初から全てを埋める場合、まずは出来るところから作成を進めていこう。初めは穴だらけの計画でも、まずは自分がどこまで具体的に考えられているかを試すつもりでチャレンジしてみてほしい。

一度書いてみたら、客観的な目で内容を見直して修正を行う。また埋まらない項目がある場合には、その項目について書き出し、今後どのようにしてその項目を埋めるのかの方法を考えてみよう。書籍やセミナーで勉強したり、先輩経営者に聞いたり。あるいはドリームゲートで相談するなど、その方法は何でも構わない。最初は分からないことだらけでも、事業計画作成の段階でこうした知識を補充しておくことは、起業後に必ず役に立つはずだ。起業前のひとつの修だと考え、是非頑張ってもらいたい。

このフォーマットに書かれている全ての項目を埋めることができれば、事業計画の基本的な要素は満たされていることになる。次の章以下では、事業計画書を提出する相手によってこのフォーマットをどのようにアレンジしていけば良いかを説明したい。

その他、この分野に強い専門家を見る



事業計画書が必要となるシーン」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

継ぐって大変なんやから…

悩んでいる社長に言います。「今、創業社長が生きていたら、この状況をどう思うかな?どうするかな?案外、あっさり、やめて新しいこと始めたりして…」僕がこう言って、「それはないです…」って答える社長はいません。みなさん、なんとなくうなずいています。自分で始めたもんは辞めやすいけど、継いだもんは…ってことだと思うのですが、そしたら、創業した社長はそう思っているでしょうか。きっと、違います。若き後継者に今を辞めて、次へのチャレンジを期待しています。

...続きを読む

50代で起業した女性デザイナー。波乱万丈の人生。

起業するのは、何も若い人たちばかりの特権ではありません。豊かな経験と、それを基に培われた技術を活かせば、高齢になってからの方が有利なことも─。いわゆる『団塊の世代』が大量に定年を迎える2007年。行き先を探しているシニアたちに勇気を与えてくれる、バイタリティあふれる赤野安さんをご紹介します。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。