売上拡大



企業が共通して目指すものは、何だろうか。それは、売上の拡大だ。売上がなければ、当然のことながら企業経営は成り立たない。
では、いったいどうすれば良いのか。特に独立したて、もしくはこれから独立を考える場合には、まずはこう心得て頂きたい。

「経営者こそ、トップ営業マンであること」

スタートアップであれば、営業マンを雇用する資金がないというケースもあるだろう。しかし営業を外部委託などしてしまうと、そのノウハウは企業に蓄積しない。

経営者自らが販売することで、商品改良や新商品開発の必要性も早期に判断できる。
さらに意図せぬ競合の発見や想定していないチャンスも嗅ぎ分けることが出来る。
経営者自らが販売に現場に立つこと。

これが最強の営業戦略を構築する「前提条件」ともなりうる。

執筆・監修: 藤冨 雅則(ふじとみ まさのり)営業で困った方にお勧めの専門家います
  1. 売上拡大の方法

     売上をあげようと考えた際には、まず以下のような視点から考える必要がある。

    ■新規の顧客獲得
    当然のことなが

  2. 売上拡大の方程式

     売上拡大と考えた際、そのための手法を2つの視点で考えることができる。

    まず1つは、客数を上げること。2つ目は、顧客単価を上げることだ。客数を上げるには、マーケ

  3. アップセル

     客単価をアップさせるには、いくつかの方法がある。そのうちの1つが、「アップセル」だ。
    アップセルとは、商品やサービスの単価を上げる手法である。
    パソコンで同機種

  4. クロスセル

     アップセルに加え、売上拡大の手法として覚えておきたいものがある。それが「クロスセル」だ。
    クロスセルは、関連商品のついで購入を促したり、セット購入することでお得感を演出して、

  5. 顧客を増やす

     売上の拡大には、「客単価」か「顧客数」を増やす他ない。

    客単価を意識的に上げる手法はいくらでもあるが、企業としてのブランドにも影響するため慎重に対応する必要が





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



売上拡大」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

起業家 大室一宏 41歳 史上最強の開拓親父<その二>

室さんといろいろお話していると、ホームページでちょこちょこと売上げがあるとのことでした。コイツを拡大すれば食べていけるとのこと。それに、月に何千万の売上げって要らないみたいで、そこそこでいいのです。「そこそこ」ならなんとかなりそう。僕は素人ですが、ECサイトのプロなら何人も知っています。そんな経緯で大室スタイルに賛同してくれる仲間を集めて大室プロジェクトを作ろう!ということになったのです。

...続きを読む

大型商業施設の出店で失敗しないポイント

"核となるテナントがどういった業態なのかが商業施設を見るうえで最も重要です。 ・ デイリー性の高い業態なのか、 ・ ディスカウント系なのか ・ 百貨店のようなアップグレード型の業態なのか ・ フルターゲット業態なのか、ファミリー向けなどの特定の客層をターゲットにした業態なのか ・ 核テナントの面積が大型であるのか、それほどでもないのか、核テナント自体がないのか ・ その他"

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ