事業計画書に外せない8つの項目

事業計画書作成

執筆者: ドリームゲート事務局

事業計画書を作成する上で、外せない8つの項目がある。以下にその項目を列挙させていただいた。

事業計画書から外せない8つの項目

事業プラン名 簡潔かつ魅力的で、これだけでも何を計画しているのかが伝わるように。
副題をつけても良い。
事業内容 どんな市場・ターゲットに対して、どんな商品・サービスを提供するのかを可能な限り端的に説明する。
市場環境 市場規模や成長性、競合相手の評価などを、各種統計データを活用して分析する。表やグラフが有効
競合優位性 同業種・同業態だけでなく、同ターゲットの異業種競合をも意識して優位性や差別化を訴求する。
市場アクセス 計画している事業をどう市場に認知させるか、どう販売網を築くかなど、事業の実現プロセスを伝える。
経営プラン 仕入れ計画や開発・生産計画、人員・組織計画など、事業を継続的に運営するためのシステムを紹介する。
リスクと解決策 想定されるリスクや問題点を抽出し、危険度を分析すると共に対処方法や解決策を先行的に提示する。
資金計画 詳細な収支予測に加えて、資金繰り計画も立案する。また、資金調達案や返済・配当計画も提示しておく。

魅力、根拠、緻密が内容上のポイント

事業計画書は、前述した主要項目の説得力によってその可否が決まる。では、具体的にはどんな内容を書けば良いのか。平易な表現をすれば、以下のようになる。

「何を、なぜ、誰に、どんな市場で、どんな特徴を持って、どのように知らせ、どのように提供するか。そして、それは、いつ、誰と、どんな方法で、どんな数字にもとづき、どんな数字を目指して行うのか」

表は、それをさらに細かく表現したものである。実際にはボリュームが増えるため、冊子として仕上がるケースが多い。しかしその場合には、全項目に記述するだけでなく山場を設けることが大切だ。
内容の魅力を伝える部分、その根拠を示す部分、そして計画の緻密さ。これらには。特に注力したいものである。

明瞭、簡潔、平易が作成上のポイント

事業計画書を作成する際、注意したい点は分かりやすく書くということだ。内容が分からないプランに、賛意を示す人はいない。
もちろん難解な専門用語の羅列や、外国語表記の連発も逆効果だ。長過ぎる前置きや、多過ぎる参考資料も考えものである。とにかく、明瞭かつ簡潔が鉄則と考えておこう。

もしプランが壮大ならば、一言でわかるタイトルやサマリー(事業プランの要約)を用意しておきたい。さらに、データの使い方もポイントである。
相手を説得するためには、山場となる部分で裏付けデータが必要になるだろう。数値データは、表やグラフを活用して煩雑にならないよう表記しておく。また前書き部分などに、例えば「資金を提供してほしい」「パートナーになってほしい」といった作成目的を示すことも大切だ。
そして他人に物事を依頼するための書類だと考えれば、文章は「ですます調」でまとめることも必然的に重要となるだろう。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める