起業の心得:ゲンイチ第46回 起業家に必要な資質ってあるの?

起業家インタビュー

執筆者: ドリームゲート事務局

先週は神奈川県・津久井地域産業振興協議会主催の創業フォーラムに参加して来ました。「夢の実現・起業家になる!」のテーマで3人のパネラーと一緒にディスカッションしました。質問カードが配られていて、そのカードの中に「起業家の資質」についての質問がありました。
駆け出し起業家や起業家予備軍向けのイベントやセミナーをすると、この質問がいつも出ます。
「起業家になる為に必要な資質ってあるんでしょうか」
行動力、決断力、協調性、リーダーシップ、分析力、プレゼン力、ネゴ力構造化、類型化する力、説得力、カリスマ性、意思力…必要なスキルっていくらでもありますよね。

この質問は「僕(私)にはその資質があるんでしょうか?起業家になれるのでしょうか?」って聞いているのと同じだと思います。では、ここで反対に僕からみなさんに質問です。「起業家になれる人が起業家になるのでしょうか?起業家になって人は事業をするのでしょうか?」まずは、やりたい事とか夢があって、それを実現しようと行動した時からその人は起業家と呼ばれるのです。本人のスキルとか意思に関係なく、その時点で彼(彼女)は起業家です。起業家になって事業をするのではなく、事業をして、起業家になるのです。なんか、禅問答みたいになっていますが、わかりますよね(笑)。
「起業家になる為に必要な資質ってあるんでしょうか」この質問に対する答えは「絶対に必要な資質ってありません。反対に言えば誰でも起業家になれます。う~ん。正確には違うな。正確に言うなら『誰でも起業家になります』かな?やりたい事がある人はみんな起業家になります。絶対に必要な資質というのはないですが、なりたい自分や、やりたい事、夢を実現したいという強い思いがないことには何も始まりません」

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める