大きくする 標準 小さくする
政府系金融機関」について専門家に質問してみたい方。ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。

技術者のための売れる仕組み

中前一輝 氏

技術力や知識には自身があるけど、営業力には自身がない・・・。そんな技術者思考の強い起業家でも構築できる”売れるしくみ”をナビゲートします。

記事一覧

Vol.7 映像技術者と営業担当者がタッグを組み、売り上げが10倍に!

前回は、福岡で”映像ソリューション”を手がける株式会社片岡企画の片岡高志(カタオカ カタシ)社長...

Vol.6 技術者の起業家が陥りやすいパターンとは

開業9カ月間の売上はたったの20万円。しかし、それから3年の苦労の末、ついに年商1億が射程圏内...

Vol.5 アナログ業務の効率化が収益の鍵を握る!

技術者の収益の鍵は、時間の使い方。時間を有効に使うためには、アナログ業務の効率化が不可欠。今回...

Vol.4 技術者のファンはどのようにしてうまれるか?

技術者のための「売れるしくみ」に欠かせない”ファン”。しかし、そのファンはどのようにしてつくれ...

Vol.3 ウォークマンは何故売れた?売れる仕組みを徹底分析

人々に評価されることで技術者は、さらなる創作意欲を起こし、ファンは、その技術によってより生活を...

Vol.2 技術を普及させるには業界キーマンとの人脈がカギ

まずは自分がプロモーターに何を求めているのか?を洗い出して見るところからはじめてください。では...

Vol.1 技術者に必要なのは、売れる営業担当者(プロモーター)

ビジネスとして成功させるには、それを単に「すごい技術」と周囲を驚かせるだけでなく、その技術を”...

中前 一輝からのご挨拶

戦後を支えた"日本の技術力"。この技術力によって、日本が世界を舞台に躍進してきたのは、紛れもない事実です。しかし、時を経た今、かつてアメリカの技術をベースに、日本独自の技術が確立されたように、アジアの各国は、"日本の技術"を凌ぐ勢いで、技術力を高めてきています。事実、かつて世界の生産拠点であった日本は、アジアの各国にその地位を奪われています。グローバル化により、技術力が均衡する現在、日本は、技術力以外のビジネススキルが大いに求められているのです。しかし、「ものづくり」で躍進してきた日本において、今でも「技術力」には絶対的な信頼が寄せられています。技術力があれば、他と差別化され、おのずと注目されるので、まずは、「技術力」を磨くことが大切にされる文化が、日本にはまだ根強く残っています。

その影響は起業の際にも見られ、技術力が最優先されることが少なくありません。ですから、技術を身に着けるための情報収集や学習には、ほとんどの起業家・起業予備軍たちが労力と時間をかけており、余念がありません。しかし、ビジネスに必要なのは、"売れること"であり、いくら技術力がすごくても、売れていなければ、継続して"技術力を保つ"ができません。それに、革新的な技術を持っていたとしても、やがては標準化され、
誰でも実現できるようになってしまいます。ビジネスにおいて「技術力」は非常に大切な役割を担いますが、それが"すべて"ではありません。

実は、私は20代前半にシステムエンジニアとして独立しました。くしくも、その当時「技術力があれば売れる」と強く信じていました。確かに当初は、技術力である程度、食べて行くことができましたが、仕事のないときは、アルバイトで日銭を稼ぎながらの決してビジネスとは言えない状態でした。ただ、その時の努力と技術力のお陰で、今もIT関係の仕事に従事していますので、"技術力"を否定する気持ちはありません。(現在、提案型システム開発会社を友人と共同経営。)しかし、技術力だけではビジネスはうまくいきません。そのことを痛感させられた私は、どうすれば技術者がビジネスを継続させることができるのか?ということを日夜研究してきました。そのために、経営やビジネスに関する数百の本を読破しました。また、実際のビジネスモデルを検証したり、自分で実践してたりして研究してきました。そして、行き着いた答えは、技術者には、技術者のための「売れるしくみ」が必要ということです。かつての私もそうでしたが、技術者は、自分の技術に対しては飽くなき研究をしますが、こと、"売れるしくみ"についてはそれほど熱心に研究しません。

 そこで、私は、誠実で研究熱心な技術者たちが、自分たち独自の"売れるしくみ"をつくるための情報を提供していきたいと考え、そういう方々に役立つ情報を提供していきたいと思います。そして、微力ではありますが、"ものづくり日本"再興の一役を担えればと思っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。


経歴

中前 一輝 Kazuteru Nakamae

株式会社ネクストベリー 取締役COO
ドリームゲートアドバイザー3期生

1972年 イタリア ミラノ市で生まれる。(画家:中前勝雄の長男として生まれる。)
1977年 大阪へ戻り、幼少時代・青春時代を過ごす(北中島小学校⇒宮原中学⇒東淀川高校)
1991年 ソフトハウスに入社。(POSレジや業務管理システムの開発にに従事)
1993年 システム・エンジニアとして独立。(業務管理システムやCADシステムなどを手がける)
1995年 阪神大震災で、半年間、救援のボランティア活動に従事。
1995年 BSLシステム研究所入社。(通信教育・セミナー・パッケージソフトを手がけ、マーケティング部 次長に就任)Microsoft(R) Windows(R)通信教育ソフト「WIN道」/伝票ワープロ「らくだ」シリーズ 企画・プロモーションを担当。
1997年 旧篠田衣料株式会社の取締役就任。(親族の会社を再建するために執行役員として経営にあたる)1億の赤字を1年で黒字化。5千万の借金を2年半で完済。
2002 年 親族のサポートのため福岡に移住。
2003年 有限会社ネクストベリー設立。福岡市の創業支援をうけ、開発技術者の友人と二人で起業。(現:株式会社ネクストベリー)クリーニング業界にて、宅配ビジネス支援システムを全国40社に提供。(業界No.1)今年度から宅配ビジネスで培ったノウハウを通販ビジネスに展開。

 

関連リンク


株式会社ネクストベリー  
http://www.nextberry.jp/

 
bnr_top_kaiin.png