雇用契約書(労働契約書)



雇用契約書(労働契約書)とは、事業者(使用者)と労働者との労働条件を書面にした契約書です。企業の側に雇用契約書の作成義務があるため、雇用する側は労働条件が記載された書面を交付して明示しなければなりません。具体的には、最低限、次の労働条件について、使用者は、労働者に対して、書面を交付して明示します。

1、労働契約の期間に関する事項
2、就業の場所及び従事すべき業務に関する事項
3、始業及び終業の時刻。所定労働時間を超える労働の有無。休憩時間。休日、休暇に関する事項。
4、賃金の決定、計算及び支払の方法。賃金の締切、及び支払時期。昇給に関する事項。
5、退職に関する事項(解雇の事由を含む)。

■就業規則
労働基準法の第15条には労働条件の明示が定められています。

"使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければなりません。この場合、賃金及び労働時間に関する事項その他厚生労働省令で定める事項については、書面の交付により明示しなければなりません。"

しかし、実務上はいちいち契約書で労働契約を結んでいることは、あまりありません。労働条件も契約条件ですから、その内容を変更するのであれば、使用者は個々の労働者と交渉したうえで、条件を変更しなければなりません。

もちろん、労働者が1人、2人程度の規模であれば問題はないでしょう。しかし、何十人、何百人、あるいは何千人の労働者がいる場合は、実務処理が膨大で現実的には困難です。よって、日本では、就業規則や労働協約などで、労働条件を一律に変える(※)ことができるようになっています。就業規則はそのような目的で作られる事が多いと覚えておきましょう。
※当たり前ですが、労働者にとって合理性に乏しい内容の変更は認められません。

その他、この分野に強い専門家を見る



契約書トラブル。基礎知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

学生起業家=普通の起業家になる前のひとつの過程

学生起業家というのは、一人前の起業家になる前の一時的な特別な状態であり、その状態だから故のメリット、デメリットを受けられる存在、そして、その状態をうまく立ち回っている存在であると思います。

...続きを読む

学習テーマ【業務システムの確立】

"誰が、何を、なぜ、いつ、どう作業するのかを考え抜け! 自 分が起こそうとしているものは家業か事業か。そして起業・独立した後も、自分が実際に起こしたものはどちらか。そして今、営んでいるものはどちらか。さら に、自分が本当にやりたいのはどちらなのか。これらの認識と判断が常に行っていくことが大切だ。"

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。