なぜ起業・独立するのか?

事業計画書作成

執筆者: ドリームゲート事務局



起業を思いついたからといって、いきなり行動してはいけない。まずは、自分の起業に対する今の想いときちんと向き合ってみよう。例えば、次のようなことを考えてみてほしい。


・なぜ今、起業・独立したいと考えたのか?
・起業して、事業を通じて何を実現したいのか?
・起業は具体的にどのようにしたら実現できるのか?
・起業のための資金はいくら必要なのか?またそれはどのように準備するのか?
・起業に向けて、家族の理解は得られているのか?

これらの問いに納得のいく答えを出せるまで、自問自答を繰り返してみるのだ。
起業すれば、様々な障壁が待ち構えているだろう。そんな時に踏ん張れるかどうかは、事業に対してどれだけ強い信念を持って臨んでいるかに掛かっているのである。
もっとも起業を考える“きっかけ”は、決して特別なものである必要はない。


「予想以上に自分の仕事が評価された」
「勤務先でつらい思いが続いた」
「起業した人の話を聞いたら、自分でもやれそうだと思った」


など、日常的なことが出発点になっても良いのだ。もちろん、壮大な理想の追求や社会的な義憤が契機でも良いだろう。一方でリストラや勤務先の倒産など、やむにやまれぬ事情であっても構わない。

とにかく「起業」の2文字が頭に浮かんだら、その可能性について徹底的に考え抜いてほしい。その上で本気で起業したいと強く思うのであれば、今度は複数の視点から自分自身を客観的にチェックしてみることが大切だ。

自分を客観的に確認するためのツールとして、「起業動機固めのためのフローチャート」を用意した。まずはこの「起業動機固めのためのフローチャート」を活用して、複数の角度から起業動機をチェックしてみてほしい。もしかすると、「思い込み」や「憧れ」だけで起業を考えていたなどという気づきがあるかもしれない。
動機が弱いままに起業してしまうと、ピンチに遭遇した時にいとも簡単にギブアップしてしまう事態になりかねない。事業を成功させる上で大切なことの一つは、「決してあきらめないこと」なのだ。簡単にあきらめられるような事業であれば、始めない方が良いかもしれない。

起業には、大きな責任とリスクが伴う。皆さんの起業への想いが「本物」であるかどうかを様々な角度から確認するため、本フローチャートには敢えて何重もの関門を設けてある。

起業 動機固めのためのフローチャート
起業 動機固めのためのフローチャート

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める