この記事はに専門家 によって監修されました。

個人と法人のメリット・デメリット

会社設立

執筆者: ドリームゲート事務局

Q.個人と法人のメリット・デメリット

個人事業でスタートするのか、会社でスタートするのかで迷っています。
個人事業、会社のメリット、デメリットを教えてください。
 

A.回答

個人事業か、会社かで迷っているのですね。以下、回答します。
 簡単にまとめると、以下の表になります。
             個人事業     会社

設立費用         安い      高い
設立手続き        簡単      複雑
設立にかかる期間    短い      長い
信用力            低い      高い
事業の継続        低い      高い
事業への責任    無限責任    有限責任
経理処理        易しい     難しい
課税        赤字ならゼロ  赤字でも法人住民税課税
交際費        全額損金    一部は課税
所得          事業所得    給与所得
        
設立時、個人事業は、開業届を出せば、それで終わります。ところが、会社を設立する場合は、定款を作成して、公証人に認証を受けてから登記をしなければならず、手間も時間も、印紙代もかかります。株式会社設立の場合は、法定手数料だけで、約24万2,000円になります。ただし、信用力は会社の方が高く、起業して、会社と取引を行おうすると個人事業では取引を断られる場合が多いです。
会社は第3者に経営を任せることもできますが、個人事業は、事業と経営者が一体なので、他人に経営を任せることができません。なにかあれば、個人事業は自分の全財産をなげうっても、事業に対する責任を負わなければなりませんが、会社は保証人になっていなければ、個人の財産を会社に提供する必要はありません。
経理処理は、個人より、会社の方が難しくなります。個人では、「収入-経費」が自分の儲けになります。給与ではありません。会社の場合は、一定額を役員報酬(給与)として決めて、会社から毎月、給与をもらうことになります。
注意しなければいけないことは、許認可です。例えば個人事業で古物商の許可を取得しても、経営者が変われば、また、再取得しなければ、なりません。会社では経営者が変わっても許可の再取得の必要はありません。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める