この記事はに専門家 によって監修されました。

「アイデアがなくても起業はできる」?

事業計画

執筆者: ドリームゲート事務局

ビジネスアイデア は、その事業の恩恵を受ける人々や、その事業にかかわる人々にとっては、すぐに合点がいくようなもの。「ちょっとした違い。されど大きな違い」それがビジ ネスアイデアの神髄かもしれません。

アイデアの必要性

 強い目的意識と一定の知識、そして、その知 識を目的につなげるための発想法さえ身につけることができれば、誰でもビジネスアイデアを思い付くことができる。前回、そう書きました。本当です。だか ら、くれぐれもアイデア開発を放棄しないでください。

 もっとも、いろいろと頑張ってはみたけど、どうにもいいアイデアが出てこない、とい う人もいるでしょう。そういう方へのアドバイスももちろん用意してあるのですが、今回はまず先に、「アイデアなんて、べつに必要じゃないのでは」と思って いる人に対して、少しお話をしたいと思います。こういう人、けっこういるんですよ。

 

アイデアとは

 そもそも、なぜ、「アイデアがなくても起業はできる」と思ってしまうのでしょう?  いろいろな理由が考えられますが、けっこう多そうなのが、「アイデア」という言葉の意味するところを曲解しているケースではないでしょうか。

  アイデアと聞くと、突飛なものや非現実的なものをイメージする人がいまだに少なくないような気がするのです。でもそれは、まったくの思い違いです。もっと も一見、突飛に感じられても、実は巧みにニーズをつかまえているアイデアもありますし、非現実的に思えても、将来予測の結果、やがては現実的になるアイデ アもあります。しかし、大半のビジネスアイデアは、その事業の恩恵を受ける人々や、その事業にかかわる人々にとっては、「あ、なるほど」と、すぐに合点が いくようなものばかりです。いわば、「ちょっとした違い。されど大きな違い」。それがビジネスアイデアの神髄かもしれません。

 重要ですか らもう一度繰り返します。「ちょっとした違い。されど大きな違い」です。

 既存ビジネスをほんの少し改 良するだけで、市場から「待ってました!」と声がかかる。これがアイデアによって手に入れたい結果です。逆に言えば、市場はとんでもなくすごいものを要求 しているわけではないということです。1年より2年の保証期間、2つより3つの機能、3回より4回の分割払い、4色より5色のカラーバリエーション、5日 より4日の納期、4%より3%の手数料……。全然、突飛じゃないですよね。本当にちょっとした変革です。 でも、それが買い手にとって、「今までにはなかった素晴らしさ」であるなら、立派なビジネスアイデアと言えるのです。

 反対に、立ち上げる ビジネスが既存ビジネスと何ら違いがないとしたら、いったい、どうやって先輩たちと競争していけばいいのでしょう。先輩の2倍、頭を下げる? 先輩の3 倍、寝ずに働く? 先輩の10倍、天に祈る?どれもお勧めできません。そんな方法に頼っていたら、あっと言う間にしんどくなります。「従来の商品やサービ スに比して、この点がこういうふうにいい」。そう、買い手側に認識させて、自分の商品やサービスを相手に選択させること。つまり、相手の意思で選んでもら うこと。これが一番強力です。だからアイデアが必要なのです。

 アイデアの有無は、確実に起業後の明暗を分けます。「買ってやってもいいけ どね」と顧客に言われたら、それはもうピンチの始まり。ぜひとも、「買わせてほしい」と顧客に言わせるような、魅力あるビジネスアイデアを考えましょう。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める