有限会社はなくなった?



「有限会社は、なくなってしまったの?」

こんな言葉を、よく耳にする。名刺交換をしている中で、「有限会社○○○」という商号は目にすることがあるだろう。この有限会社とは、日本において過去に存在した会社の形態の1つだ。

現在では、有限会社を新たに新設することはできない。なぜなら2006年(平成18年)5月1日の会社法施行に伴い、根拠法だった有限会社法が廃止され、それ以降は設立できなくなったからだ。

会社法施行の際に存在していた有限会社は、以後、株式会社として存続している。従来の有限会社に類似した経過措置・特則が適用され、「特例有限会社」として存続しているのである。しかし、社名の変更も強制されないため、現在も有限会社を名乗る企業が多数存在している。

なぜ有限会社のままにしておくかというと、有限会社ならではのメリットがあるからだ。今の有限会社では、社員総会は株主総会、社員は株主、持分は株式、また出資1口は1株とみなされる。しかし役員任期に関する法定の制限はなく、また決算の公告義務もないなど、かつての有限会社法で認められたメリットが原則としてそのまま生かされている。

ちなみに、特例有限会社は定款変更して特例有限会社の解散登記と株式会社の設立登記を経ることにより、特例有限会社ではない通常の株式会社となることができる。以後は商号中に株式会社という文字を用いることとされ、役員の任期に関して法定の制限が及び、決算の公告義務も生じることとなるのである。

その他、この分野に強い専門家を見る



有限会社」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

優秀なホームページは営業担当に勝る!?

24時間誰に対しても同じクオリティーで情報提供ができるホームページというツールの機能や役割を経営者が十分に理解し、それに対して適切な投資を行うということが、今後の経営のキーになるといっても過言ではありません。「優秀なホームページは営業担当者に勝る」なんて時代になってきているのです。最低でも営業社員を1人雇って、その人に3年間支払う給料分位の金額は、ホームページおよびWeb戦略に投資するべきだと思います。

...続きを読む

ロールスロイスが日本よりも売れる、中国での起業チャンス

私はただ単に日本より景気がいいから、という理由で中国での起業をおススメしているわけではありません。中国での起業が日本での起業よりも有利であると思われるのは、中国の景気のよさよりもむしろ、その市場がまだまだ未成熟であることが大きなポイントであるように思います。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。