創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

失敗事例に学ぶ創業

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

bsPAK86_atamawokakaerudansei20131223

創業を予定されている皆さんの中には、事業で成功した人の事例やビジネスモデルを参考に創業計画をたてている方が多いのではないでしょうか。成功した事例ですから参考にしない手はありません。事業のイメージを膨らませたり、創業計画書を作成したりする際にも、大いに役立つでしょう。

その一方で、失敗した事例にも耳を傾ける必要があると思います。なぜなら、そこには失敗しないためのヒントが隠されているからです。成功した事例だけを参考にしていたのでは、そのヒントには気づかないかもしれません。ヒントに気づけるかどうか、そしてそれを解決できるかどうかが、成功と失敗の分かれ道。そういった意味では、むしろ成功した事例よりも多くのことを学べるのではないでしょうか。

以前、倒産した企業での勤務経験を活かして創業された方がいました。勤めていた会社は、ベンチャーキャピタルの出資や助成金を受けていました。ベンチャーキャピタルとは、主に高い成長率が期待されるベンチャー企業に対し、ハイリターンを狙う投資ファンドのこと。ただ資金を融資するのではなく、株式などを引き受けることによって投資をしています。担保が不十分な創業期のベンチャー企業は、銀行などの融資では十分な資金が調達できないため、ベンチャーキャピタルからの融資が有力な資金調達の手段となっているのです。

しかしその会社は自社製品を製造から販売まで手掛けようとしていたので、それほどの融資を受けていたにも関わらず資金繰りが厳しくなり、結局製品を世に出す前に倒産してしまったのだとか。なんとも残念な話です。

勤務先の失敗例を参考に、その方は、創業に際してまず、製造委託先や販売先(代理店)を確保したそうです。その結果、資金繰りに困ることなく、製品の製造販売を順調に行っています。

この方は、前職での失敗から大いに学んで解決策を打ち出し、見事に成功されました。人生に失敗はつきもの。しかし、誰しもできることなら失敗したくはありません。失敗するとやはり落ち込みますし、立ち直れなかったり逃げ出したくなったりすることもあるでしょう。「失敗」を悔やみ続けるだけでは、それは「失敗」のまま。しかし「失敗は成功のもと」といわれるとおり、失敗した原因をつきとめ、それまでの考え方ややり方を改善していくことで、ぐんと成功に近づくことができるのです。

私は、創業される方すべてが順調に業績を伸ばしてほしいと望んでいます。日本政策金融公庫には、創業される方や創業して間もない方に無担保・無保証人で利用できる「新創業融資制度」があります。こういった融資も利用しながら、ぜひ事業を成功させてください。

日本公庫では、これから創業される方や創業間もない方向けに経営に役立つ情報をメールマガジンで配信しています。
詳しくはこちら ⇒⇒⇒  「起業家応援マガジン」

また、これから創業計画をお考えの方向けに創業融資に関する資料を差上げます。 創業計画に関する資料請求は ⇒⇒⇒  こちらからどうぞ


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略