創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

熱意こそが経営者としての必須条件

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

bsMAX99_nanba-one20141025132405

「熱意を人並み以上に持ちつづけられるかどうかが経営者としての必須条件だ」

これは、経営の神様と呼ばれる松下幸之助氏のインタビューでの一言です。起業支援の本やサイトを見ても、「熱意を持って事業を行うのが成功の秘訣」と説明しているところが多いようです。その「熱意」はどこから見つけてくるものでしょうか。「熱意」は本やサイトを見るだけでは探し出すことはできないでしょう。なぜなら、起業に対する意気込み・熱心な気持ち(「熱意」)は、起業を考えている皆さまの心の奥底にあるもので、人から教わるものではないからです。

さて、経営者の熱意というのは、起業してからだけの問題ではありません。創業準備をする時点からつきまとってくるものです。まずは、ヒトやモノ、カネなど経営をするうえで大切な資源の確保。実は、こうした資源の確保をするのにも、結構な苦労がともなうことがあります。中でもカネの問題は、ある程度まとまった自己資金があれば良いですが、そうでない場合は、融資の相談を何ヶ所にも渡って行ったという経営者の方も決して少なくないためです。

そして、創業計画の問題。創業計画の段階では、あらゆる観点から創業について考えていくわけですが、より現実的に考えるにしたがって、希望に反して厳しい条件で創業しないとならないケースもあるでしょう。こうした時、厳しい中でも創業しようというほどの熱意が今後の経営、または創業を左右することになります。

さらに、起業した後にも会社を存続させていくことへの熱意は大きな足がかかりになります。起業すると感じる方も多いかと思いますが、決して楽しいことばかりではありません。むしろ、数え切れないほどの困難が降りかかってきます。そんな時に支えてくれるのは、皆さまの心の中にある起業に対する「熱意」にほかならないでしょう。

起業するということは、創業の段階から、そして経営している時点においても、困難が続いても冷めない「熱意」が必要だということです。苦しいことばかりで弱音を吐いてしまう、少しの問題ですぐに音をあげてしまう、そんな薄い熱意だけでは会社を創業すること、会社を存続させてゆくことは困難です。

起業をする前にもう一度自分の胸に手を当てて、起業に対する「熱意」が、困難が続いても冷めないほど熱いものか再確認してみてください。もしどんな困難であってもこの思いだけは譲れないという強い意志があるのであれば、それは経営者としての十分な熱意だと言えるのではないでしょうか。

日本公庫はそんな熱意に満ち溢れている皆さまの起業をサポートします。お気軽にご相談ください。


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略