Vol.4 【店長必見】初めてのお店で高額商品を買わない

経営改善・成長戦略

執筆者: ドリームゲート事務局

「やっぱりねえ、 1回の注文で1万円くらいは買ってもらわないと。そのくらいの客しかいらないんですよ、うちは!」  なんてことをおっしゃる、オープン希望の店舗さんってよくいらっしゃるんですが・・・。

 

フード通販の「基本客単価」は高くない!

 例えば、楽天のフード店舗全てで見た場合、平均の客単価は3000円前後だと言われています。この数字は、売り上げ1000万を超えた店舗でも共 通の数字。

 松坂牛だとかカニだとか、そもそも高級な素材を扱っているお店ならもう少し上かな、とも思われますが、ところがどっこい。

 ネット通販でモノを買うお客様は「お取り寄せで本当においしいものを食べたい!」と考える方と、「一般には出回らないような安いものをお得に買い たい!」と考える方の、二つに分かれます。そして、前者の気持ちとしても、後者の考えに傾くケースは、とても強いといえます。

 まあ、これは顧客心理ですから、当たり前といえば当たり前ですよね。

 

自分が「お客」の立場に立ってみる

 自分がお客様の立場に立つのに一番いい方法は、「他 のお店の商品を買ってみる」ことなんです。

 なぜかというと、自分のお店の商品は、それが「どれだけいいものか、価値のあるものか」を、お店の方はよく知っています。そのため、「この商品を 1万円で買わないのはどうかしてる!」と思ってしまうんです、どうしても。(苦笑)

 だから、他のお店の商品で考えてみるのが一番。しかも、全然関係ないジャンルのものを、です。

 そこには様々な気づきがあります。価格設定だけでなく、ラッピングや梱包資材に対する配慮の差、温度帯の管理方法、など。

 「あんな値段で売っているのに、ここまで丁寧にしてくれるのか!?」

 という驚きが隠れているんです。

 

初めてのお店で高額商品は買わない

 たとえギフトの商材だから といえ、初めてのお店でいきなり1万円の商品を購入するのは、とても勇気がいることだと思います。

 あなただったらどうですか? 

 初めて開いたホームページ、店長の顔もわからず、十分とは思えない量の情報で、ぽんとギフトパッケージの写真が掲載されている、高級和牛の詰め合 わせ、カニ缶詰詰め合わせ、鍋セット・・・。

 怖いですよね。

 「1万円の食材」って、ネットで購入する時の気持ちと、レストランのレジで支払いをする時の気持ちとは全然違うものですからね。

 

 と考えると、いかに「入口商品」が大切か、ということがご理解いただけるのではないかと思います。

 「最初はグー!」的な、安価な「お試しセット」は、顧客を育てるためにも「不可欠」ということなのですね。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める