TVに広告を出す

この記事はに専門家 によって監修されました。

執筆者: ドリームゲート事務局
[広告]freee株式会社
テレビ広告、まだ まだ広告媒体の王様的存在です。でも、料金が高いなど、起業したての頃は使いづらい媒体であることも事実です。そんなときにこんなテレビ広告サービスはい かがでしょうか?

テレビCMの役割、知ってますか?

  テレビCMというと、費用もかかるし、手間もかかるとお思いの起業家の方も多いのではないでしょうか。もちろん、いわゆるゴールデンタイムに何本も放映さ れているCMとか、有名なタレントさんや俳優さんたちが出演しているCMは大手企業のものがほとんどです。でも、ちょっと深夜帯になると(特に地方のテレ ビ局なんかは)、いかにも“お金がかかってなさそうな”CMが流れていることがありますよね。それはそれで面白いし、“経営者の趣味”が垣間見られる貴重 なCMでもありますが、それもCM本来の役割である「ブランド認知」には一役買っています。

 テレビCMの役割は、決して販売促進に直結す るようなものではありません。商品や企業のイメージを醸成し、購買の入り口まで消費者をひっぱってくるというのが、その大きな役割だといえます。だから、 テレビCMを流すことと商品の売り上げがアップすることは必ず直結するとは限りません。

 でも、やはり話題になったり、視聴者に新しい発見 を与えるような情報がCM内にある場合は、大きな成果=売り上げとして現れてくるのも確かです。

 

インターネット上でテレビCMを発注できる画期的なシステム

 そんな役割を持つテレビCM、テレ ビ広告を活用してみたいと思っていらっしゃる経営者の方にお伝えしたいのが、「CMGOGO」というサービスです。昨年の9月にスタートしたばかりのサー ビスですが、テレビCMの申込時に必要な『テレビCM制作』と『放送局のCM枠の確保』をパッケージ化した画期的なシステムです。それも、申込はインター ネットからできるという手軽さも兼ね備えています。

 実は、テレビCMを活用したいと思ったら、一番ネックになるのが上記2つのことなので す。そこで、この「CMGOGO」では、CM素材に関してはネット上のライブラリーからチョイスして各企業の必要事項(社名とか、商品名とか、セール期間 とか)を差し替えることで簡素化したり、放送枠の入手は各テレビ局と連携し、指定時間内でオンエアするという契約を結んでサービスを構築しています。

  CM素材に自由度がないとか、放映時間が指定できないとか、まだまだ規制も多いですが、テレビCMを使ってみようと思っている起業家、小さな会社の経営者 の皆さんは一度検討する価値があると思います。

 いかがですか?あなたの企業やサービスの「ブランド認知」を図るために、試してみては?

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める