女性の起業・独立 Vol.14 真に精神的自由に。株の天才美女が営む投資顧問業

事業計画

執筆者: ドリームゲート事務局

今回は株式会社ファイトレードコーポレーションの石橋 明佳さんにご登場いただきました。相場に関する教育事業、コンサルティング事業、ベンチャーキャピタル事業などを手がける石橋さんは、EOで経営者向け株式講座の先生もやってもらいました。天才で多才。

 

社長にインタビュー

株式会社ファイトレードコーポレーション

代表取締役社長 石橋 明佳

HP : http://www.phi-trade.co.jp/index.html

 

 美女で天然。そんな石橋さんと話していると、いつの間にか本質論から宇宙空間へ連れて行かれます。皆さんもご一緒に体験しましょう。

 

<川崎>今の事業を始めた経緯(事業内容含む)を教えてください。

<石橋>今は個人投資家向けの教育事業を柱とする投資顧問業を営んでいますが、元々個人で金融商品の投資をあれこれと比較的若い頃からしていたものの、まさかそれを本業にするとは思ってもいませんでした。

 いろいろと経歴的には紆余曲折があり、次の職を決めずに前職を辞めてから、とりあえず投資活動くらいしかやることがなかったので、それで生計を立てるようになったことから始まっています。

  結局、自分だけ儲かったり自分だけ楽しくても人って幸せにはなれないんだな、と痛感したのと、自分なりに相場の値動きを読む法則がある程度確立されて、我 ながら凄いと思ったので、自分がそれまでに実践経験で得てきたもの、発見したこと、学んだことをすべてHPやメルマガ等を通して情報発信することにしたこ とから始まっています。

 

<川崎>株投資で重要なスキルや資質を教えてください。

<石橋>特 にこれと決まった資質はないかと思います。いろいろな経営者がいるように、投資をする人にもいろいろいておかしくないからです。ただ、あえて言えば、まず は投資そのものが大好きで心から楽しめること、直観力・判断力・決断力・迅速な行動力があること、リスクを取れること、失敗から学べる人、右脳と左脳のバ ランスが取れている人、感情にブレがない人、心に余裕のある人、情報収集能力の高い人、世の中に対するアンテナが広い人・・・そんな感じでしょうか。

 

<川崎>人付き合いで心がけていることは何ですか?

<石橋>人の数だけ(その人にとっての)真実があると思っているので、自分の考え方や価値観を押し付けることだけはしないようにしていますし、また、そのときの自分の考え方や価値観が絶対だとも思わないようにしています。自分の自由を尊重するように、他人の自由も尊重します。

  でも、人付き合いそのものは、私は本当のところあまり得意ではありません。広く浅くというよりは、狭く深くお付き合いする方です。ただ、誘ってもらえるお 付き合いに関してはなるべく顔を出すようにしていますし、相手のことへ興味を示すことやお礼状なども欠かさないようにしています。

 

<川崎>将来のビジョン(仕事やプライベートなど)を教えてください。

<石橋>こんなことを言うとダメ人間のようですが、本当のところ私には特にこれといった将来のビジョンというものはありません。今楽しいと思えることを一生懸命やっていく、ただそれだけです。人の可能性って無限大だと思うんですね。

 現時点での自分が、過去の産物でしかない脳ミソから搾り出したアイデアで下手に未来のことを計画してしまうと、その自分が勝手に決めた枠組みに逆にいずれ束縛されてしまうような気がするのです。すべては時々刻々変化していて、環境はめまぐるしく変わっていきます。

  将来のことなどわからないわけで、自分が考えもしなかった未来が待っていたりします。自分自身の過去を振り返ると全部そんな感じです。何一つとって(いい 意味で)想像通りでない(笑)。それよりも、今できること、今楽しめることに一生懸命集中した方が結果的に実り多い未来が待っているように思います。下手 に自分の未来を想定してしまうと、かえってその未来像に自分の頭が支配されてしまって不幸になる気がします。

 今を楽しみながらベストを尽くしている限り、必ずいい今が未来も続いていくと確信しています。あえて大きなビジョンを言えば、精神的に真に自由である自分、かな。

 

<川崎>尊敬している人は誰ですか?

<石橋>尊敬できる人は たくさんいすぎて、特に誰と挙げるのは難しいです。基本的に、自分らしい人生を活き活きと生きている人は皆尊敬します。金銭的・社会的な成功如何はあまり 関係ありません。他人との比較の上での相対的な幸せを求めている人ではなく、絶対的な自分の中心をもっていて、自分のワクワクを基準に自由に生き、その結 果としての自己表現ができている人。なおかつ、自分と自分以外の存在に対する本当の意味での自由を理解し、尊重している人、かな。

 

<川崎>何か新しい事にチャレンジする時、するか否かを決める基準は何ですか?

<石橋>自 分がそれを楽しめるかどうか、ワクワクするかどうか、情熱をもてるかどうかしかありません。資金があるとかないとかは余程のことがない限りは関係ありませ ん。当初はお金がなくてもできることはいくらでもありますし、情熱があれば必要なお金・人・モノは自然と集まるようになっているからです。

  また、アウトローなやり方かもしれませんが、前もって用意周到な準備をしたり計画を立てたり、見積もりを出したりすることもありません。そんなことに余計 な時間を使うよりは、思ったら即行動です。直感がOKを出し、大きなビジョンさえ見えていれば、後は細かいことを先に決めなくても大抵はうまくいくものだ からです。

 下手に考えてしまうと失敗しますし、時機を逃します。手段も後からついてきます。動き出すことで見えてくるものがありますし、「今」動くことが次(未来)に繋がっていくからです。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める