Vol.3 メイド整体から学ぶ。女性スタッフの心の掌握術

秋葉原で起業~趣都アキバ式ビジネス~
秋葉原でメイド系ビジネスを考えている人も多いはず、何故メイドなのでしょうか? 現在秋葉原では約30店近いメイド系サービス店があり、繁盛店と閉店に追い込まれる店舗が存在します。キーとなるスタッフの雇用運営の難しさついてメイド整体「癒あmaidin」を運営する代表取締役佐橋氏にそのメカニズムについて語っていただきました。

 

オタクは女性が苦手、男性はもっと苦手!

 オタクは女性との距離は離れているが、マッチョな男性とも距離が離れているのです。
 オタクの方は成長過程で、人に受け入れなくて「どんびき」された経験が多く、人に対して恐怖感があります。同級生から「キモイ」といわれた経験があるオタクは多いでしょう。

オタクが選ぶ女性(3択)

1. 20代前半、体育会系のかわいい女の子

2. 20代後半、銀座系綺麗なお姉さん

3. 30代前半、ものごし柔かな人妻

 上記3人のなかで、オタクの多くが好む女性は3番であると佐橋氏は言います。それは、女性への恐怖感から来るものである、ということです。


メイド服という記号の意味

 現在の日本において、メイドという存在は「ご主人様に誠心誠意尽くすキャラクター」としてイメージ化されています。このことは女性に恐怖感を持つオタクには、恐怖感を払拭できる最終兵器であることは大方間違いないでしょう。

 メイド服を着ていれば、「オタクOK」というサイン。秋葉原には喫茶店やファミレスなどもあり、またキャンペーンガールも多くさまざまな制服の女子はいるが、オタクが話し掛けているのはメイド服の女の子が大半です。


メイドスタッフの難しさ、敵は友情

 整体の資格をもつメイドがいないとサービスができないメイド整体では、ビジネスを継続するためにスタッフの使い方が重要という佐橋氏。

 女性スタッフは「感謝の言葉」と「自分が特別な存在」であること求めてきます。

 彼女たちは1人が辞めたら全員辞めることもあります。それは親元暮らしで働く義務感がない子が多く、利益感情だけでなく、女同士で仲間を作り、時 に男性の経営者を敵に回して無視するようにもなります。その場合、「友情」を優先させ、全員辞めるという最悪な事態を引き起こすこともあります。

 対策としては、自分が男性経営者の場合必ず、スタッフとの間に「男性の感覚を理解できる」監査役としての女性スタッフを設け、彼女からメッセージを発信していくようにしましょう。

 その監査役が「信頼できるお姉さん」になると初めて仕事も利害関係で考えるようになり、友情の道連れ行動がなくなります。


雇用の難しさ

 整体師でありメイドである人材の採用は非常に困難な状況です。

 整体師になるには資格学校など約50万円程の費用が必要な資格で、業界も堅く「メイド整体」は求人もできない状態であることに今も変わりはありま せん。佐橋氏は卒業した整体スクールと業務提携する事により、人材を確保しています。整体という資格の必要なサービスを提供している事が参入障壁となり、 現在メイド整体は日本に2件しかないのが現状です。(2006年10月現在)


取材を終えて

 メイドはブームでなく「文化」、しっかりとしたサービスを提供していけば「街の整体ショップ」として必ず存在できる、という自信にみなぎる佐橋氏 の言葉。佐橋氏自信がこのサービスの対象者「オタク」であり、事業の確かな手ごたえを感じしている事がわかります。実は秋葉原には整体店が他にも多くあり ます。秋葉特有のエンターテイメントフィルターが存在し、「普通では駄目、楽しくなければ秋葉では目に入らない」という佐橋氏のオタクへの広告宣伝の経験 が生きていると思われます。整体というサービスはまず、リラックスさせ、身体をやわらかくする事からはじまります。病院のような白衣ではなく、メイド服と いうソフトで人に対して恐怖感のあるオタクの身体を一瞬にリラックスさせる。まさにメイド服は魔法のビジネスアイテムかもしれません。



【取材先データ】

会社名:有限会社時計塔 癒あmaiden
人類史上初!? 秋葉原のメイド整体サロン『ユアメイデン』
http://www.yourmaiden.com/

住所:東京都千代田区外神田3-7-14 中部ビル201・203
電話&FAX:03-3252-2351
営業時間 午前11時~午後9時まで(ラストオーダー午後8時)
担当:代表取締役 佐橋邦彦