旅館・民宿を開業するのに必要な許可



■根拠法令・概要
旅館・民宿を開業するためには、旅行業法に基づいて都道府県知事等の許可が必要となる。
尚、温泉旅館や観光旅館など旅館(=和式)の構造及び設備を主とする施設とは、客室が5室以上である。

■許可要件
・設備や設置場所について、多数の要件が定められている(設備要件…客室5室以上で、床面積が洋室ならば9㎡以上、和室ならば7㎡以上 等)
・設置場所要件として、学校・児童福祉施設等の周囲概ね100メートル以内にある場合には、同施設の設置によって学校等の清純な施設関業が害される恐れがないこと

■手続のポイント
・工事の着工前に、設備や設置場所について行政とのすり合わせを済ませておくこと
・開業するにあたり、食品衛生法上の許可等、別途許認可を要する手続がある可能性が高いので注意が必要である

■参考リンク
旅館業法 旅館業法施行規則 旅館業法施行令

その他、この分野に強い専門家を見る



許認可一覧」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

なぜ今「取り置き」サービスのニーズが高まっているのか

書店などには昔からある「取り置き」サービスですがここへきてその利用者が増えているようです。そこからは、ネットでの買い物になれた消費者たちのニーズが浮かび上がってきます。このようにリアル店舗がネットに足りない部分を補うようなサービスを始めたら…いずれにしても、今後のビジネスには「ネットとリアルの融合」という視点が必要になるでしょう。

...続きを読む

償却資産(固定資産税)の申告Q&A

事業をしていると管轄する市区町村役場から、「償却資産の状況について(市町村によって名称は異なる)」という調査文書が郵送されてくることがあります。また、課税の対象であろうと思われる事業者に対しては、毎年12月頃になると償却資産の申告書が郵送されてきます。今回は、設備投資をすると避けられない償却資産の申告についてQ&A形式でお伝えします。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。