創業計画書 記入の仕方 必要な資金



創業計画書に記入する「数字」の書き方は意外と難しいです。これから紹介する方法に従って記入してみてください。

必要な資金と調達方法の欄
記載する金額は1万円単位での記載になります。

必要な資金と調達方法の欄
※上記のサンプルをご覧になるには、ドリームケートの無料会員登録が必要です。
A 自己資金
前の章でご説明したとおりで、ここには起業直前期のあなたの普通預金の残高を記入します。

B 日本政策金融公庫からの借入
ここには公庫から借りたい金額を記入します。借入申込書のお申込金額と一致させてください。
新創業融資制度の場合は1,000万円とAの自己資金の金額の2倍と比べて、小さい方の金額が限度額になります。
※他金融機関や親等からの借入等がある場合には、当てはまらないことがあります。

C 親等からの借入・他の金融機関からの借入
これらがある場合には記入します。

D 合計
A+B+Cの合計金額を記入します。
合計の金額は2ヶ所に同じ金額を記入します。

E 設備資金
見積書の金額を転記します。
見積書が複数ある場合には、それらの合計金額を記入します。
(内訳)には、E’のように見積書ごとに分けて記入します。

F 運転資金
D-Eの金額を記入します。
(内訳)には、想定される運転資金の主要項目を記入します。

その他、この分野に強い専門家を見る



政府系金融機関」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

学習テーマ【家族の了承】

"強い独立意識が、周囲の人々に応援を生み出す 何としても独立したいという強い思いがあれば、絵口さんも、もっと親に食い下がるか、あるいは、何らかの方法で資金不足を解決しようとしていたはずだ。親も含めて支援の輪というものは、そういう強い意思を持った人に対してのみ広がっていくものである。 "

...続きを読む

三世代交流をテーマに女性起業家としてスタート

女性企業家紹介の4人目は、有限会社シンクキューブの渡部亜希子さんです。NECの社内ベンチャーを経て独立した渡部さん。現在は、孫世代と祖父母世代をつなげる仕組みを作っています。知的な雰囲気とさばけたキャラが同居する素敵な女性社長です!

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。