雇用保険とは



 雇用保険とは、会社に雇用されている人が加入する保険で、労災保険と併せて「労働保険」と呼ばれています。雇用保険と言えば、失業給付(又は基本手当)を第一に思い浮かべると思います。賃金支払の基礎日数が11日以上ある月が、離職の日以前2年以内に通算して12カ月以上(特定理由離職者又は特定受給資格者は6ヶ月以上でも可)あると年齢や給与額、勤続年数に応じて給付を受けることができます。

 また高年齢継続被保険者が離職した際には、高年齢求職者給付金が支給されたり、また、あまり知られていませんが、失業期間中に15日以上働けない日が続いた場合には、傷病手当(社会保険とは違う)の給付があります。

このほかにも育児休業中に支給される育児休業給付、60歳以降に賃金が一定の比率で低下した場合に支給される高年齢雇用継続給付等があります。

その他、この分野に強い専門家を見る



雇用保険」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

事件・事故・トラブルを乗り切る一つの原則とは

"起業をすれば、事件・事故・トラブルという「3きょうだい」への対応のしかたを決めるのは、あなた自身になるということです。あなたが現在、会社の従業員であれば、「3きょうだい」への対応は、上司や経営者の判断と指示を仰いだ上で実行されると思いますが、いったん起業して経営者になれば、今度はあなたがその判断と指示を出す立場になるわけです。  そして、その判断と指示の内容は、ある一つの原則に従ったものでなければなりません。  その原則とは、「逃げない」こと。  これは、極めて当たり前のことをいっているわけですが、実際に「3きょうだい」に出合ったときの経営者の対応をみていると、その「当たり前」ができないケースが多いのです。"

...続きを読む

失敗しないお店創り!サポーターとの正しいつきあい方

今に始まったことではありませんけど、世の中には悪徳業者やそれに近いことをしている業者が結構いてるもんです。もちろん一部のことなんですけど、建築業者や印刷業者に限らずあやしい店舗プロデューサーやコンサルタントなど、みなさんもだまされんように気いつけて下さい。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。