数値計画、売上シナリオ



事業計画で重要な要素の一つが数値計算だ。どの程度の規模のビジネスを考えているのか、数字を出せば明確になる。重要なのは複数のケースを想定しているかどうかだ。

下記の2つの図を用意したが、伝えたいことはどちらも同じで、

・最悪のケース
・ベースケース
・最良のケース

という3つのシナリオを示している。

重要なのは「最悪のケース」だ。事業計画を書く場合、どうしても楽観的な予測・希望的観測が入りがちで、上手くいかない場合やリスクをあまり考慮していない計画になりがちだ。しかし、往々にして事業は思い通りにはいかない。

そうした場合、どこまで「悪い」シナリオを検討できているかで、その事業が許容できるリスクが明確になる。簡単にいうと「最悪のケースでどこまで耐えられるか」ということだ。事業というのは継続性が重視される。

どんなに素晴らしい計画でも、最初の躓きで継続できなくなってしまっては、やり直しようもない。よって、「最悪のケース」を想定して事業がどの程度先まで続けられるかを明確にしておきたい。

例えば、1年間は最悪ケースでも事業が継続できるとすれば、その1年間は事業戦略の見直しや製品の作り直しなどに挑戦できる。製品の作り直しに3カ月かかるとして、その期間に耐えられるかどうかを事前にシミュレートしておくべきである。



数値計画: 売上・粗利シミュレーションの例
数値計画: 売上・粗利シミュレーションの例

売上シナリオの例
売上シナリオの例

その他、この分野に強い専門家を見る



立案に必要な項目・要素」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

使用「シーン」を考えてヒット商品に!

セミナーなどで、よくお話する内容の一つに「万能ソースは売れない」というのがあります。つまり「お客様が好きなように、自由に使って下さい」という商品は、今は人気が出ないのです。売る側がしなくてはならないのが「◎◎専用」と断言するほどに、商品の使用目的や用途を明確にする、つまり商品が利用される「シーン」を考える、ということなのです。通販商材が与える「幸せの構図」は、お店の考え方ひとつでいくらでも広がります。描く「シーン」に則した商品開発、ご理解いただけましたでしょうか。

...続きを読む

ハイスタイルインテリア雑貨店舗運営のコツ

インテリア雑貨は商品的には、比較的購買頻度の低い商品が中心ですから、まずは買いやすい商品から買ってもらい、徐々に買い足しをしてもらってトータルでそろえてもらうように持って行く、というような販売戦術が基本です。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。