エリアマーケティング



営業戦略の一つに、エリアマーケティングという方法がある。エリアマーケティングとは、地域を軸にしてマーケティングするという方法だ。これは、土地によって異なる価値観や社会構造から生まれる顧客のニーズに適応しようとする営業手法を示す。

エリアマーケティングでは、都道府県や市区町村という区分で市場を捉えることが多い。また希な発想ではあるが、関東圏などの広域都市圏、経済圏などという単位でエリアを企業で決めて取りまとめて行う場合もある。それぞれの特性や地域性を活かしたマーケティング戦略を考え、実践するやり方だ。

但し、エリアとはあくまでも概念的な事であり、実際にはターゲット層の特性に着目しなくてはならない。

例えば都市部と田舎とに分けるならば、田舎の方は年齢層が高くなることが多いだろう。そうすると、高齢者を対象にしたマーケティングを考える必要が出てくる。また子育て世代が住みたいと言われている町ならば、その世代に適したマーケティング戦略を検討する。

さらに新しくできた鉄道や空港、道路などを利用してマーケティングするやり方もある。利用者層について行動特性分析を行い、想定されるニーズを開発する手法がその一例である。変化は、必ず事業にチャンスかリスクをもたらす。
変化を見極め、最適な事業行動を行うことが肝心だ。

執筆・監修: 藤冨 雅則(ふじとみ まさのり)営業で困った方にお勧めの専門家います


営業戦略のたて方」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

設備投資は30万円未満がおトク

"この制度は、取得価額が30万円未満である減価償却資産を平2008年3月31日までに取得して事業のために供した場合には、一定の要件のもとに、その取得価額の全額を経費として計上できるというものです。  今までも、10万円未満の減価償却資産は取得時に全額経費に計上することができるという制度(少額減価償却資産の特例)や、また、10万円以上でも20万円未満なら一括して3年間で償却できるという制度(一括償却資産の特例)はありましたが、この制度では、取得時に経費に計上できる範囲が30万円まで拡大されます。  通常、減価償却資産を取得しても、購入時に全額経費にすることはできず、減価償却と呼ばれる手続きによって複数年に渡り費用化されます。しかしこの特例を使うと、取得時に全額経費に計上できるため節税となります。"

...続きを読む

展示会を最大限に活かすにはここまでやれ

ギフトショーや IFFなど仕入先を探すにはいい展示会があります。しかし、行って見てこちらから名刺を渡して、パンフレットをもらってくる程度ではなかなか前に進みません。ここでは展示会を真剣にフル活用する方法を考えて見ます。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。