創業・起業者に役立つ情報をお届け!日本政策金融公庫とドリームゲートが起業者を応援します。

日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ

DREAM GATE

事業計画書を作成する意義

公開日:2013/10/31 最終更新日:2019/09/11

50c3353154ec53094b90f1bf6e776032_s創業にあたって、事業計画書の作成に頭を悩ませている方も多いでしょう。そもそも事業計画書は何のために作成するのでしょうか。今回はその目的について考えてみましょう。

第一の目的に挙げられるのが、「事業イメージの明確化」です。頭の中では完璧な事業計画を考えたと思っていても、それを実際に紙に書いてみると、問題点が見つかることがあります。事業のアイデアを整理するといった点からも、事業計画書を作成することは大切な作業です。また、具体的な数値で事業内容をとらえていくことや、時系列で考えるテクニックも、計画書を作成していく過程で身につけることができます。

第二には「第三者の協力を得る」ために必要とされます。事業を進め拡大していくには、自分ひとりの力では不可能といっても過言ではありません。例えば、従業員を確保したり、出資者を募ったり、金融機関で資金調達をしたりしなければなりませんが、これらはすべて第三者の協力が必要です。自分以外の人間に、事業の内容を理解してもらわなければなりません。そのために活用できるものが事業計画書です。事業の方針について協力者の共感を得るだけでなく、事業計画そのものに説得力を増すためにも重要な役割を果たします。

特に、資金調達の際には、事業計画書が成功・不成功に直結します。
創業時にも利用できる資金調達手段のひとつに、日本政策金融公庫の新創業融資制度があります。新創業融資制度は、原則無担保で最大自己資金の10倍まで融資を受けることができるもので、事業実績のない創業者の強い味方です。この審査で最も重要とされるポイントは創業計画書です。自身の事業によりどのようなメリットがあり、成果を生みだすものであるかを、審査担当者に示す必要があります。また、事業が軌道に乗った後に利用することになるであろう金融機関からの融資の際にも、事業計画書は不可欠です。

第三には、「経営の指針」となり得る存在であることです。様々な角度から事業計画を検討、準備万端で事業をスタートさせたとしても、精一杯努力しているのに事業が予定どおり進まないことは往々にしてあります。そんな時に事業計画書は経営のヒントを与えてくれます。事業計画書は、どれが計画どおりに進行しているのか、何が思うように進行できていないのかを検証することができるツールです。

事業を続けている間には、感情などに左右されて方針があやふやになってしまうこともあるかもしれません。事業計画書は、事業の方向性に迷った時に、原点に立ち戻る地図ともいえます。

ご登録はこちら


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略